2008年04月11日 17時01分 UPDATE
ニュース

NEWSナイスがシスコルータ上で稼働するVoIP通話録音ソリューション、拠点への展開が容易に

シスコのサービス統合型ルータおよびCisco AXPとナイスのソリューションの融合により、企業は拠点レベルでの通話録音環境構築において各拠点へのリモートサーバの導入が不要となる。

[TechTargetジャパン]

 米NICE Systems(以下、ナイス)は米国時間の4月10日、米Cisco Systems(以下、シスコ)がサービス統合型ルータ向けアプリケーション基盤「Cisco Application eXtension Platform」(以下、Cisco AXP)上で動作するナイスのVoIP(Voice over IP)通話録音ソリューションの提供を開始したと発表した。また、ナイスがCisco AXPをサポートする「Cisco Technology Developer Program」に参加したことも併せて発表している。

 ナイスがCisco AXPをサポートすることで、同社のVoIP録音ソフトウェアがシスコのルータをアプリケーションサーバとして利用できるようになり、企業は拠点レベルでの通話録音環境構築において支店、営業店などの各拠点に専用サーバを導入する必要がなくなる。従って、拠点数の多い企業ほど顧客との通話録音に必要なコストを削減できることになる。さらに集中録音・管理機能を併用することで、全社的な通話録音環境の運用効率を高められるという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...