Loading
2008年04月16日 21時00分 UPDATE
PR

検索を介した新たなコミュニケーション手段で現場力向上エンタープライズサーチを再認識する!

エンタープライズサーチは、企業内に散在する情報リソースやサイト内の検索で威力を発揮するという。ここではその目的や効果、必要性などを、導入事例を交え解説する。

[提供:アクセラテクノロジ株式会社]

 昨今、消費者のニーズは多様化し、その声を聞かずして売れる製品を生み出すことはできない。スピード経営が声高に叫ばれる今だからこそ、直接消費者に接している現場がニーズを的確にとらえ、自立して問題を解決する力を持つべきなのだ。

 そのためには道具が必要だ。ここでは、消費者の声を売り上げにつなげる力になるというエンタープライズサーチにスポットを当てる。インタビューに応じてくれたのは、アクセラテクノロジ 代表取締役社長 進藤達也氏だ。果たして、どのような価値を企業や消費者に与えてくれるというのだろうか。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「アクセラテクノロジ株式会社」に収集される
  • 「アクセラテクノロジ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「アクセラテクノロジ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:アクセラテクノロジ株式会社

提供:アクセラテクノロジ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部