2008年04月17日 19時58分 UPDATE
ニュース

NEWSオーシャンブリッジ、コールセンター向けPC遠隔サポートツールの最新バージョン

ヘルプデスクやコールセンター向けASP型PC遠隔サポートツールの最新バージョン「ISL Light 3.1」を販売開始。「セッション再接続機能」や内容を動画データとして保存できる「レコーディング機能」を追加している。

[TechTargetジャパン]

 オーシャンブリッジは4月17日、ASP型PC遠隔サポートツール「ISL Light」の最新バージョン「ISL Light 3.1」の販売を開始した。ISL Lightは、インターネット経由で相手のPC画面を共有・操作することで、ヘルプデスクやコールセンターにおけるPCテクニカルサポート業務を効率化するASP型PC遠隔サポートツール。

 ISL Light 3.1では、再起動が必要なソフトウェアのインストールでも同じセッションを維持したままで相手PCを再起動できる「セッション再接続機能」、オペレーターが遠隔操作した内容を動画データとしてオペレーターまたはクライアントのPCに保存できる「レコーディング機能(英語版)」を追加している。また、画面カラー設定に6万5536色モードを追加するとともに、テキストチャット画面から直接デスクトップ共有を開始できる「コントロール共有許可省略オプション」が利用できるようになった。

 なおISL Lightはサーバライセンス型でも提供している。価格は以下を参照。

ISL Light ASPライセンス
価格(税抜き) 内容
ISL Light プリペイドクーポン(500分) 2万9000円 同時セッション数無制限で合計500分まで使えるプリペイドクーポン
ISL Light ASP年間契約 1追加ライセンス 8万9000円 ASP年間契約基本ライセンスへの追加ライセンス。1ライセンス追加するごとにオペレーターとクライアント間の同時セッションを1つ追加できる

ISL Light サーバライセンス
価格(税抜き) 内容
ISL Light サーバ基本ライセンス 60万円 オペレーターとクライアント間の同時1セッションが可能なサーバライセンス
ISL Light サーバ追加1ライセンス 30万円 サーバ基本ライセンスへの追加ライセンス。1ライセンス追加するごとにオペレーターとクライアント間の同時セッションを1つ追加できる
ISL Light サーバ エンタープライズライセンス 250万円 10同時セッションが可能なサーバ版セットライセンス。1年間無償保守付き(2年目以降は1年単位での有償保守、価格は製品価格の20%)
ISL Light サーバ コーポレートライセンス 500万円 同時セッション数無制限のサーバライセンスセット商品。1年間無償保守付き(2年目以降は1年単位での有償保守、価格は製品価格の20%)

関連ホワイトペーパー

ASP | コールセンター | SaaS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...