2008年04月17日 20時03分 UPDATE
ニュース

NEWSオレンジソフト、添付ファイルを分離送信するメール誤送信防止ソリューションの上位モデル

「BRODIAEA safeAttach」の上位モデル「BRODIAEA safeAttach Enterprise」をリリース。メール本文と添付ファイルを分離する「添付ファイルダウンロード機能」を搭載した。

[TechTargetジャパン]

 オレンジソフトは4月17日、電子メールからの情報漏えい対策ソリューション「BRODIAEA safeAttach」の上位モデル「BRODIAEA safeAttach Enterprise(BRSA-03EN)」をリリースした。

 BRODIAEA safeAttachは、メールの添付ファイルの暗号化処理を自動的に行うアプライアンスサーバ。すべての添付ファイルを漏れなく暗号化することができる。上位モデルとなるBRODIAEA safeAttach Enterpriseは、添付ファイル暗号化機能に加えて「添付ファイルダウンロード機能」を搭載している。

 添付ファイルダウンロード機能は、送信メールから添付ファイルを分離してメール本文はそのまま配送し、分離した添付ファイルは別途Webサーバからダウンロードする機能。ファイルサイズが大きくて送信・受信ができなかった環境でも、電子メールの送信操作で添付ファイルのやりとりが可能となる。また、2008年後半にリリース予定の次版「V2.0」では、送信メールの配信を5分、10分など一定期間保留し、さらに保留中のメール配信のキャンセルもできる「送信キャンセル機能」を搭載予定。

 本製品は代理店であるフォーバル クリエーティブが販売を行い、価格は500ユーザーで220万円から。

関連ホワイトペーパー

暗号化 | 情報漏洩 | メールセキュリティ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...