2008年04月18日 17時54分 UPDATE
ニュース

NEWSTCBテクノロジーズ、InfiniBandをWAN接続するブリッジを発売

ストレージ接続などに使われるInfiniBandを遠隔地間でブリッジ接続する装置を5月より販売開始する。

[TechTargetジャパン]

 TCBテクノロジーズは4月18日、InfiniBandを拠点間接続に利用するブリッジ「NX5010」を発表、5月1日より販売を開始する。同製品は米Network Equipment Technologies開発のネットワーク装置で、遠隔地間のデータベースのミラーリングやディザスタリカバリなどに利用できるという。

画像 NX5010

 InfiniBandは、サーバのクラスタリングやディスクサブシステムの接続に利用される高速インタフェース技術。NX5010は、InfiniBandプロトコルをメディア変換して10ギガビットイーサネット(10GbE)やSONET/SDH(OC-48cおよびOC-192c)のWAN回線に乗せることで、InfiniBandネットワークをリモート拠点間接続に拡張することができる。LANインタフェースにはInfiniBandとギガビットイーサネットを用意し、拠点内のInfiniBandスイッチをブリッジ接続する。データ転送時、10GbEと比べて約2分の1の低遅延を実現するという。

 NX5010本体の価格は約2000万円。2拠点間を接続するために、NX5010とQLogic製InfiniBandスイッチをそれぞれ2台用意したシステム構成の場合、構築サポート込みで約5000万円からとなる(いずれも税込み)。6月1日より出荷開始予定。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...