2008年05月09日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert【Q&A】パケットスニファ導入のための予備知識

通過するすべてのデータを捕捉するためにはパケットスニファをどう設定すればよいかなど、予備知識を紹介する。

[Michael Gregg,TechTarget]

質問:パケットスニファを導入するに当たっては、どういった予備知識が必要なのでしょうか。

 スニファ(パケットを補足するツール)は強力なソフトウェアであり、ホストシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにする機能を備える。これは、「Pcap」や「WinPcap」などのプログラムによって実現される。これらのプログラムは、パケットを捕捉するためのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の役割を果たす。ホストシステムあてのパケットだけでなく、通過するすべてのデータを捕捉するためには、スニファはそのシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにセットする必要がある。パケットスニファの一例として「Wireshark」がある。このプログラムは、www.wireshark.orgからダウンロードして自分で試せる。

関連ホワイトペーパー

ドメイン | ネットワーク監視


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...