2008年05月09日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert【Q&A】パケットスニファ導入のための予備知識

通過するすべてのデータを捕捉するためにはパケットスニファをどう設定すればよいかなど、予備知識を紹介する。

[Michael Gregg,TechTarget]

質問:パケットスニファを導入するに当たっては、どういった予備知識が必要なのでしょうか。

 スニファ(パケットを補足するツール)は強力なソフトウェアであり、ホストシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにする機能を備える。これは、「Pcap」や「WinPcap」などのプログラムによって実現される。これらのプログラムは、パケットを捕捉するためのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の役割を果たす。ホストシステムあてのパケットだけでなく、通過するすべてのデータを捕捉するためには、スニファはそのシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにセットする必要がある。パケットスニファの一例として「Wireshark」がある。このプログラムは、www.wireshark.orgからダウンロードして自分で試せる。

関連ホワイトペーパー

ドメイン | ネットワーク監視


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...