Loading
2008年05月15日 00時00分 UPDATE
PR

情報漏えい対策を視野に入れたコールセンターパッケージ「eSmileCall」コールセンター導入の決め手は、シンクライアント環境下での情報漏えい対策

コールセンターが再び脚光を浴びている。顧客志向経営の台頭により、その価値が見直されているからだ。ここでは、シンクライアント環境にも対応する次世代のコールセンターパッケージにスポットを当てる。

[提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社]

 顧客志向経営の台頭とともに、コールセンターの存在が見直されている。しかしながら、いざ開設するとなると考慮すべき点は多く、なかなか最初の一歩を踏み出せずにいる企業は多い。

 そのような企業を支援するために開発されたのが、松下電工インフォメーションシステムズの「eSmileCall」だ。コールセンター業務に必要な基本機能が凝縮されており、最短1カ月で運用を開始できる。注目すべきは、シンクライアント環境でも動作する点だ。コールセンターの導入と同時に情報漏えい対策も行える、最新のコールセンターソリューションを紹介しよう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」に収集される
  • 「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社

提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部