Loading
2008年05月16日 00時00分 UPDATE
PR

さまざまなデータ連携を実現する「ASTERIA」「つなぐ」ことで可能になる“業務改善”と“攻めの経営”

システムが一通り行き渡ったために浮上した新たな課題。それはシステム間の連携だ。手軽に短期間で構築できる上、自社でカスタマイズ可能なソリューションを紹介する。

[提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社]

 下にあるチェックリストは、企業内でよく耳にする課題の一覧である。どの企業においても、この中に1つや2つは当てはまるのものがあるのではないだろうか。以前であれば、こうした要望を満たすためにそれなりの期間や工数、コストを掛ける必要があったが、松下電工インフォメーションシステムズでは、こうした課題を解決する複数のソリューションを提供している。同社は、これらの課題をどのように解決しているのだろうか。

■社内にこんなニーズや課題はありませんか?

  • RDBから帳票を作成してFAXを自動送信したい
  • ExcelやCSVデータの取り込みや書き出しをしたい
  • SaaSや社内に散在するシステムと柔軟に接続したい
  • グループ会社や関連会社とデータ連携したい
  • Lotus Notesデータベースとデータ連携したい
  • 電子メールの情報をデータとして取り込みたい
  • データの変換作業や入力作業に人が介在している

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」に収集される
  • 「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「松下電工インフォメーションシステムズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社

提供:松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部