Loading
2008年05月28日 00時00分 UPDATE
PR

アプリケーション性能診断の新機軸「Visual Performance Manager」ネットワークトラブルの根本的な原因を発見するコツ

Webアプリケーションの動作が鈍かったり、ネットワークにつながるのが遅い原因はどこにあるのか? 稼働している機器のパフォーマンスおよびトラフィックすべてを一覧できれば、迅速に原因を特定できる。

[提供:フルーク・ネットワークス]

 「Webアプリケーションの動作が鈍くて作業が進まない」「Webブラウザの表示が遅い」。このような問題が発生する原因の1つに“ネットワークの遅延”がある。ネットワーク遅延を引き起こす原因として、特に疑われやすいのがルータやスイッチといった機器パフォーマンス不足や、回線周りの不備による帯域不足などだ。

 しかし、その結論を出すのは、もしかして性急かもしれない。仮に、ボトルネックと思っていた個所が間違っていた場合、回線の増強や機器の購入で無駄なコストを支払ってしまう可能性がある。迅速に、かつ最小限の負担で問題を解決するためには、確実にボトルネックを見つけ出し、原因を早急に特定する必要がある。

 ところが現在、データや音声、画像などネットワークを流れるトラフィック内容やプロトコルが複雑化かつ多様化しており、ネットワーク遅延の原因を探るのは難しくなっている。実際に機器や回線回りに問題があるのだろうか? 手っ取り早く「真の原因」を探す方法を紹介する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「フルーク・ネットワークス」に収集される
  • 「フルーク・ネットワークス」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「フルーク・ネットワークス」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:フルーク・ネットワークス

提供:フルーク・ネットワークス
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部