2008年06月12日 07時30分 UPDATE
特集/連載

仮想化の利用も有効ネットワーク上の携帯端末検出をめぐる新たなチャレンジ

社員が私物のノートPCやスマートフォンで会社のネットワークに接続するのを禁止するのは難しい。そうした接続を管理する方法を幾つか紹介しよう。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 社内のネットワークに接続するデバイスがローカル環境であれリモート環境であれ、あるいは固定されたものであれ携帯できるものであれ、それらをコントロールすることは非常に重要だ。多くの企業では、モバイルアクセスを制限するためにアプリケーションポータル、メールサーバ、VPNゲートウェイなどを使用するだけでなく、抜け穴からの侵入を捕捉するためにIPS(不正侵入防御システム)も利用している。こういったテクニックが有効な場合もあるが、今日のモバイルデバイスは新たなチャレンジを課しており、なお一層の警戒が必要だ。

情報漏えいを監視する

 先ごろ開催された「Mobile Wireless Summit」でGartnerの上級アナリスト、ジョン・ジラード氏は、特に会社の許可なく業務データにアクセスしたり業務データを保存したりするPDAやスマートフォンなどの携帯端末を検出する方法についてアドバイスした。

 ジラード氏は最初のステップとして、すべてのデスクトップPCとノートPCを検査し、許可されていない同期化ソフトウェアが組み込まれていたり、過去に同期化動作を行ったりしていないかチェックするよう勧めた。「SMSやLANDeskのようなツールを使っているのであれば、こういったデスクトップインベントリを簡単に作成することができる」と同氏は語る。

 これで終わりではない。会社で受信した電子メールを自分の携帯端末に転送するユーザーがいるかもしれないからだ。「個人のBlackBerryやWindows Mobileベースのスマートフォンでは、電子メールの転送を外部のISP(インターネットサービスプロバイダー)に簡単にセットアップできる。会社がこれを検出する手段を持っていなければ、把握することさえできない」とジラード氏は指摘する。

 「この抜け穴をふさぐ方法として、ジラード氏は社内のサーバとデスクトップを検査し、電子メールや通話がイレギュラーなあて先に転送されている兆候がないか調べるようアドバイスしている。「ソフトウェア配布・インベントリ管理システムを利用すれば、こういった設定が社内規定に違反した場合、それを検出することができる」と同氏は話す。「あるはずのないアプリケーションが存在したり、誤った構成になっていたりしていないかチェックし、こういったポリシー違反をやめさせるための手順を確立すること。それらを禁止する理由の説明には、ヘルプデスクの協力も仰ぐとよい」

エッジ部分のセキュリティを拡張する

 ジラード氏は、新しい携帯端末がもたらすリスクを軽減するために、既存のネットワークエッジシステムを利用するようアドバイスした。

関連ホワイトペーパー

VPN | SSL | アクセス制御


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...