Loading
2008年06月19日 00時00分 UPDATE
PR

日本のデータセンターは倒壊の危機!?地震の特性を知れば見えてくる、地震対策の常識・非常識

いつ起こるかもしれない地震に備え、事業継続に不可欠なデータをラックの耐震強化と免震装置で守るという発想が登場した。しかし、その実現にはある法則による使い分けが求められるとエキスパートは語る。

[提供:株式会社エーピーシー・ジャパン]

 ラックシステム(以下、ラック)の普及により、IT機器の運用効率が格段に向上する中、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)策定にもラックが大きく貢献しようとしている。過去、度重なる地震の被害に見舞われてきた日本だが、データセンターの耐震強度向上やラックの性能強化により、事業継続の生命線でもあるデータ保全への取り組みが活発化している。

 しかし、ラックの日本上陸から長年普及に尽力してきたエキスパートは、地震対策においてわれわれが信じる幾つもの常識を否定する。気象台観測の地震波データで耐震検証してはならない? 現在のデータセンターの多くは危険? 建物は高いほど揺れが弱い?

 今回は、ラック視点による地震対策をテーマに、エキスパートによる目からウロコの常識・非常識を紹介する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社APCジャパン」に収集される
  • 「株式会社APCジャパン」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「株式会社APCジャパン」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社エーピーシー・ジャパン

提供:株式会社エーピーシー・ジャパン
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部