Loading
2008年06月25日 00時00分 UPDATE
PR

日本でもアーリーアダプターは登場している先進国に学ぶデータ統合プロジェクトの注意点

日本でも語られ始めたデータ統合の重要性。実際にプロジェクトを進める上で注意すべきことは何か、米国の独立系データ統合ベンダーのエキスパートに聞いた。

[提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社]

 日本版SOX法対応、企業買収・合併などの増加により、日本でもデータ統合の必要性が語られ始めた。データ統合分野の独立系ベンダー、米Informaticaのワールドワイド フィールド オペレーション担当、上席副社長であるポール・J・ホフマン氏は、データ統合を行うことは「あらゆる経営課題を解決する手段だ」と語る。同氏は「日本市場で2008年以降にデータ統合の波が来る」と予言するが、その根拠となる考えはどこから来るのだろうか?

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「インフォマティカ・ジャパン株式会社」に収集される
  • 「インフォマティカ・ジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「インフォマティカ・ジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社

提供:インフォマティカ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部