Loading
2008年06月30日 00時00分 UPDATE
PR

アプリケーションパフォーマンス管理ツール「Wily Introscope」アプリケーション性能を完全制御できる企業が顧客をつかむ

オンラインショッピング中、「処理中」から先に進まない。Webサイトのレスポンスでユーザー満足度が下がると、その企業の収益に直接響いてくる。今、パフォーマンス劣化を未然に防ぐツールが求められている。

[提供:日本CA株式会社]

 ユーザーの1アクセス、1トランザクションの満足度が、明日の収益を左右する今日のインターネットビジネス。継続してユーザーに快適な利用経験を提供するため、単にシステムのキャパシティー管理のみならず、個々のアプリケーションレベルでのパフォーマンス管理まで踏み込む必要が生じてきた。

 そこで登場したのが、日本CAのWilyソリューション。これは、Javaや.NETで構築されたWebアプリケーションおよびそれに連携するシステムのパフォーマンスを、本番中にリアルタイムモニタリングし、可視化する先進的な管理ツールだ。クレームが入る前に問題を解決できるプロアクティブなパフォーマンス管理が、ついに現実のものになる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部