Loading
2008年08月20日 00時00分 UPDATE
PR

メールアーカイブでリスクを軽減「Symantec Enterprise Vault 2007」「コンプライアンス対応のためのメール保存」は実は間違い?

電子メールを「取りあえず保存する」ことに躍起になっていないだろうか。それがコンプライアンス対応のためだというなら、根本的に見直す必要がある。

[提供:株式会社シマンテック]

 電子メールの保存を、日本版SOX法や内部統制への対応のためだけと考えていないだろうか?

 金融庁は2008年6月、「内部統制報告制度に関するQ&A」の追加版を発表した。これは、2007年10月に公開されたQ&Aに追加修正したものだ。この中で金融庁は、電子メールなどのデータ保存について、「データを一律に記録・保存することを求めているものではない」と述べた。要するに、データをすべて保存しなくてもよいと言っているのである。

 金融庁はそのように述べているが、電子メールの保存は本当に必要ないのか? コンプライアンス対応が叫ばれて以降、電子メールを「すべて取りあえず保存」するようにした企業は少なくないと思われる。しかし、そもそもコンプライアンス対応とは日本版SOX法や内部統制だけでなく、情報漏えいやセキュリティリスク、開示要求への対応も含むものだ。

 電子メールを一体何のために保存しているのか。電子メール保存の根本的な理由に立ち戻ってみると、電子メール保存が本当に必要なのかどうかが見えてくる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社シマンテック」に収集される
  • 「株式会社シマンテック」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「株式会社シマンテック」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:株式会社シマンテック

提供:株式会社シマンテック
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部