Loading
2008年09月25日 00時00分 UPDATE
PR

PPMソリューション「CA Clarity PPM」 IT部門をプロフィットセンターに変身させるITガバナンス力

企業におけるIT投資の5割以上は既存システムの保守運用に充てられている。そのような現状で、果たしてIT部門は自社のITの「すべて」を本当に把握できているだろうか?

[提供:日本CA株式会社]

 ITガバナンスとは、ITに関するアクティビティのすべてをカバーしていなければならない。これからどんなシステムを開発すべきかだけでなく、既存システムが企業活動にどう有効に働いているか、それをこの先どう維持管理していけばよいかも、しっかりと把握する必要がある。

 日本CAの「CA Clarity Project&Portfolio Management(PPM)」は、企業において日々行われているITアクティビティの指標を、投資、イニシアチブ、リソース管理などの観点から提供し、その全容をリアルタイムに把握できる統合製品。継続的な機能追加により、最新版リリースではIT投資のブラックボックスに光を照らし、IT投資の最適化、ライフサイクル管理を的確に行えるようになった。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部