Loading
2008年10月15日 00時00分 公開
PR

エンドポイント情報漏えい防止ツール「Safend」 導入事例外資系生保はいかにしてPC1400台の情報漏えい対策を実現したか

エンドポイント向け情報漏えい防止ツール「Safend」は、PCのポートと接続デバイスを柔軟なポリシーで制御し、容易に運用できるのが特徴。実際に国内外でSafendを導入したユーザー企業の事例を紹介しよう。

[ITmedia]

 現代人は常に、さまざまなデジタルガジェットを持ち歩いている。例えば、携帯電話、デジタルカメラ、iPodのような携帯オーディオプレーヤー、USBメモリなどなど。それらは公私の区別もあいまいなまま、会社で支給されるデバイスに混じってオフィスのPCに接続されることもある。セキュリティの観点から見ると、これは極めて危険な行為である。それらのデバイスに、会社の重要情報が書き出されているとしたら……。

 IT管理者ならこうしたリスクにはうすうす気付いているはずだが、多種多様にわたるデバイスの使用を制限するとなると、管理の煩雑さを想像して二の足を踏んでしまいがちだ。「今まで大丈夫だったから」と、リスクの度合いを測ることも、それを取り除くことも避けてしまう。言うまでもなく、何か事故が発生してからでは遅いのだ。

 そうした状況に対し、外資系生命保険会社のA社は、DLP(Data Loss Prevention)ツールの「Safend」を用いて対策に乗り出した。クライアントPCの利用実態を念入りに調査し、1400台ものPCに対してデバイス制御を施すことにより、情報漏えいリスクの大幅な減少を実現した。

提供:三和コムテック株式会社

提供:三和コムテック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部