2008年12月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ありがちミスの傾向と対策 SharePointの導入プロセスで避けるべき初歩的ミス

SharePointは、インストールと構成が簡単過ぎるほど簡単なだけに、導入過程で「初歩的ミス」を犯してしまいがちだ。最もありがちなミスとそれらを回避する方法を紹介する。

[Shawn Shell,TechTarget]

 SharePointの企業への導入が急激に進んでいるようだ。2001年から提供されているが、最近のバージョンでアーキテクチャにさまざまな変更が加えられたおかげで、人気に火が付いている。だが、SharePointを適切に導入するのは意外と難しい。

 SharePointは、インストールと構成が簡単過ぎるほど簡単で、非常に楽に使える。しかし、かえってそのために、多くの企業が導入過程で「初歩的ミス」を犯してしまう。以下では、最もありがちなミスとそれらを回避する方法を紹介しよう。

基本インストール vs. 詳細インストール

 SharePointをインストールする際、多くの企業は誤って基本インストールオプションを選択する。無難な選択肢に思えるからだ。この場合、作業は至って簡単で、マウスを数回クリックすればインストールできる。

 しかし、多くの企業にとっては詳細インストールオプションの方が適している。

 次の場合には、必ず詳細インストールオプションを選択すべきだ。

すべての関連要素を同じサーバにインストールしたくない

 大抵の場合、企業は少なくともMicrosoft SQL Server(以下、SQL Server)を別のサーバで運用すべきだが、基本インストールではこのデータベースサーバを指定できない。また、Webフロントエンド(WFE)サーバ群の負荷分散を行いたい場合も、詳細インストールオプションを選択する必要がある。

新規または既存のSQL Serverのフルバージョンを使いたい

 SharePointは、コンテンツと構成の保存をSQL Serverに大きく依存している。基本インストールではSQL Expressがインストールされるが、このデータベースは開発用やワークグループなど、非常に小規模な環境用には役立つが、部門レベルや全社レベルでの運用には適していない。

フォールトトレランスが必要

 負荷分散環境や高可用性環境の目的は、パフォーマンスの維持・向上だと誤解している企業が多い。実は、負荷分散やRAID、そのほかの高可用性ソリューションを利用する場合、効果として重要なのは、本当はフォールトトレランス(耐障害性)であることがほとんどだ。基本インストールでは、高可用性環境は構成できない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...