2009年02月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

地震やテロだけがディザスタではないディザスタリカバリプランの予算確保のための7つのステップ

経営幹部に対し、ディザスタリカバリとは「ディザスタ」に対処するだけでなく、ダウンタイムを引き起こす可能性があるすべての原因に対処することだと理解させる必要がある。

[Forrester Research Inc.,TechTarget]

 Forrester Researchは2008年に発表したディザスタリカバリ(DR)リポートの中で、企業のDRプランのための新規、追加、継続予算を確保するのに必要な7つのステップを示している。

1. 事業継続管理プロセスを実施する

 技術はDR対策をサポートするものであり、それ自体が戦略や計画となるわけではない。技術およびサービスへの予算を要求する前に、DR対策を一時的なイベントとしてではなく、継続的なプロセスとして管理するためのフレームワークを作成する必要がある。

2. ビジネスインパクト分析(BIA)とリスク評価を実施する

 IT部門が予算を要求する前に、IT担当者が経営幹部と会合を開き、自社にとって最も重要なプロセスを特定するとともに、ITリソースの依存関係を明らかにし、ダウンタイムのコストを算出する必要がある。その上で、リスク評価を行い、特定のリスクの確率と頻度を判定する。

3. ダウンタイムのコストを算出する

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

The Trade DeskとWhite Opsが提携、アドフラウド対策のプラットフォームを提供開始
The Trade DeskはWhite Opsと提携を発表し、広告業界におけるアドフラウド対策のプラット...

news116.jpg

セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代...

news091.jpg

グランドデザインの「Gotcha!mall」がDMA国際エコー賞を受賞
グランドデザインは、同社のスマートフォンオムニチャネルプラットフォーム「Gotcha!mall...