2009年02月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

注目を集めたLotus FoundationsLotusphere 2009の主役はSaaSとコラボレーション

IT市場専門のアナリストが、Lotusphere 2009での注目製品やLotus Notes/Domino市場の見通しについて語った。

[TechTarget]

 Hurwitz & Associatesのジュディス・ハーウィッツCEOと同社のパートナーであるローリー・マッケイブ氏に、「Lotusphere 2009」の感想を語ってもらった。両アナリストは、同カンファレンスの内容および向こう1年間のLotus Notes/Domino市場の見通しについてほぼ共通した見解を抱いていた。

―― Lotusphere 2009の全般的な印象を聞かせてください。

マッケイブ IBMはこれまでになく活気がみなぎっているように思いました。この1、2年間にわたって開発を進めてきた新技術の一部を披露し始めました。全般的に、Lotusの長期的戦略と市場展開の両面で、同社がかつてなくアグレッシブになっているのは確かです。

ハーウィッツ IBMは2008年のカンファレンスでは、「当社の数々のアプリケーションをご覧ください」と胸を張りました。2008年は参加者にとって多くのサプライズがありました。そしてこの1年間でLotus部門が成し遂げたのは、彼らの戦略と製品をさらに進化させ、Notesの枠を超えて拡張させたことです。現在利用可能なソリューションは、UC(ユニファイドコミュニケーション)、ソーシャルネットワーキングとの連係、SaaS(Software as a Service)製品の開発など広範な分野にわたります。IBMは、将来に向けた自社の方向性をつかみ始めたようです。

―― 2008年まで存在すら知らなかった技術を利用しているという参加者も見受けられましたか。

ハーウィッツ はっきりと感じられたのは、IBMがこの1年間で獲得した新規企業顧客の数について語ったとき、そのメッセージが強く鳴り響いたことです。彼らは間違いなく顧客ベースを拡大しています。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...