Loading
2009年03月02日 00時00分 UPDATE
PR

トラフィック分析/DDoS対策アプライアンス「トラフィック解析ツール」トラフィックの見える化で実現する「止めないネットワーク」

膨大なトラフィックを解析し、何が起こっているのか大づかみに把握する。あるいは、サービスを止めることなくDDoS攻撃に対処する。こうしたネットワーク管理業務をワンストップで行うすべはないものだろうか?

[ITmedia]

 ネットワークを運用する上で重要なタスクの1つに、トラフィック管理がある。システムの快適な利用に必要なネットワーク帯域を安定してユーザーに供給できるよう、常時トラフィックを監視し、障害時には迅速に対応する。ITがビジネスの基盤としてすっかり定着した今日、24時間365日のネットワーク安定稼働を保証することは、もはや必須条件といえよう。

 しかし、ルータ数十台で運用するような大規模ネットワークともなると、トラフィック管理は想像以上に難しい。そもそも、監視すべき総トラフィック量がとてつもなく多い。トラフィック全体を漠然と眺めているだけでは、100Mbps程度の変動はたとえエンドユーザーにとっては致命的であっても、簡単に見過ごしてしまう。

 また、外部からDDoS(分散型サービス妨害)攻撃などの悪意ある攻撃を受けた際、危険だからとその都度通信を全面的に遮断していては、事業継続性を保つことなどできない。かといってそのまま放置しておけば、帯域の圧迫によりサービス停止に追い込まれる……。

 トラフィック管理にまつわるこうした問題を解決するには、一体何が必要なのか? 再度課題を洗い出した上で、具体的な対策を考えていこう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「NTTコミュニケーションズ株式会社」に収集される
  • 「NTTコミュニケーションズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「NTTコミュニケーションズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:NTTコミュニケーションズ株式会社

提供:NTTコミュニケーションズ株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:TechTarget編集部