2009年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

吸排気の方向が冷却の鍵を握るデータセンターの過熱問題――ネットワークスイッチに要注意

サーバは前面から空気を吸い込んで背面から排気するが、スイッチ製品はポート密度を優先するため、側面から吸気して反対側の側面から排気するものが多い。このことが、スイッチの過熱の原因になる場合がある。

[Mark Fontecchio,TechTarget]

 データセンター内でホットアイルとコールドアイルを設けるレイアウト方式は、サーバにうってつけだ。サーバは前面から空気を吸い込み、背面から排気するからだ。しかし、データセンターコロケーションサービスの提供会社Lifeline Data Centersの共同オーナー、アレックス・キャロル氏は、ネットワークスイッチを並べて配置すると、異常な過熱が発生する場合があることを思い知らされた。

 キャロル氏によると、同社の大口顧客の一部は半ダース以上のCisco Systems製ネットワークスイッチを並べて設置していた。これらのスイッチは一方の側面から吸気して反対側から排気するため、問題が生じてしまった。

 「彼らはスイッチを開放型ラックに設置していたが、スイッチが横に並んでいたため、どのスイッチも排気が隣のスイッチの吸気口に吹き込んでいた」と同氏。「このように排気と吸気が繰り返されていき、3、4台目以降のスイッチは非常に高温になっていた」

 このように吸排気の方向がサーバと異なるIT機器をどう扱うかは、データセンターでよくある課題だ。米国暖房冷凍空調学会(ASHRAE)のような団体は、ホットアイルとコールドアイルを分離する設計を採用し、ラック列間の通路を挟んでサーバの前面同士、背面同士が向き合うようにラックを配置することを勧めている。しかし、こうした配置をネットワークスイッチに適用すると、トラブルが発生する恐れがあるわけだ。

側面吸気/側面排気方式が使われる理由

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...