2009年05月27日 00時30分 UPDATE
info Center

実用期に入った次世代IT基盤今すぐ検討したい普及期の仮想化技術

仮想化技術は今、基幹システムへの適用すらも現実的なレベルに熟成された。仮想化により、企業内の各システムは再構成され、IT基盤を一変させる。その導入の参考になるコンテンツを集めた。

[ITmedia]

注目のホワイトペーパー

仮想サーバ環境下のストレージ

変化する仮想化環境に最適なストレージとは? ─ソフトウェアが持つ仮想化力─

仮想サーバ環境下のストレージに課題をお持ちではないだろうか? 本ホワイトペーパーは、ソフトウェアでストレージの仮想化を行い、課題を解決する方法を機能や運用の視点から紹介する。


Hyper-Vによる障害復旧

SMB環境における障害復旧 〜Hyper-V 仮想マシンのバックアップとリストア〜

シマンテックとマイクロソフトによる共同検証結果をもとに、Windows Server 2008 Hyper-V を使用した業務環境の障害復旧についての解説。


Webキャスト

仮想化はサーバのためだけのものか?

サーバ仮想化をめぐる3つの誤解

@ITの編集長が仮想化にまつわる「誤解」について解説する。サーバ仮想化が持つ重要な意味とは何か、その手掛かりが得られるはずだ。


増え続けるストレージをどう管理するか

ストレージ管理をよりシンプルにする仮想化スイッチ

情報の爆発的な増加とともにストレージ環境が複雑化する昨今、情報システム部門はその管理に幾つもの課題を抱えている。こうした課題の解決法となる、SANスイッチを利用したストレージ仮想化の有効性を紹介する。


自律的最適化に対応するiSCSI

仮想化環境における最適なストレージとは?

サーバやストレージを仮想化するに当たって、効率良く、かつコストを抑えるためにはどうすればよいのか。柔軟性と拡張性を備えた仮想化ストレージによる仮想インフラについて説明する。


DCをモジューラ化するという考え方

発想の転換が実現する真のデータセンター効率利用

“Project BlackBox”という開発コードで呼ばれていた、世界初の仮想化データセンター。さまざまな用途に応えるその利便性や拡張性を、5つの特徴から紹介する。


VMware View 3が示す新しいシンクライアント像

デスクトップの課題を仮想化で解決する方法とは?

エンドユーザーに対するサポート負担の軽減、データ漏えい防止、PCハードウェア購入の計画化……。こうした問題を解決する、VMwareの仮想PC型シンクライアント「VMware View 3」を解説する。


導入事例レポート/製品レビュー

シンクライアント導入の課題と対策

ブレードPC、仮想PCの課題を克服する6つのアイデア

ブレードPC、仮想PCによるPC統合など、シンクライアント化を実践する企業が徐々に現れてきた。スムーズな導入と使いやすいシステムを実現するために、課題と対策法を洗い出す。


「Dell EqualLogic PS5000シリーズ」導入事例

バンダイネットワークスがコンテンツ配信インフラの仮想化を推進

バンダイ600ものモバイルコンテンツを配信し、サイト運営するバンダイネットワークスはコスト削減と可用性向上を目指し、配信インフラの大半を仮想化した。その先進的なシステムの全容を明らかにする。


SAP ERP仮想化へのベストプラクティス

VMwareによるSAP ERP仮想化のメリットを徹底検証

SAPがVMwareをWindows版の本番稼働環境としてサポート開始したことにより、SAPユーザーにとって仮想化が現実的なものとなった。SAP ERPのアップグレード、災害対策システムなど、仮想化の適用範囲は広い。


ホワイトペーパー

ワンストップ構築サービス

多種多様な仮想化技術、どれを選びどう組み合わせればいいのか?

遂に普及期に入った仮想化技術。具体的に導入を検討するうえで、どの製品/ソリューションを選べばいいのか? こうしたニーズに応えるワンストップの構築サービスを紹介する。


1Uサーバ

クラウドコンピューティングへ 省電力マルチコア(Willowbrook採用)サーバ

CloudStation E は、膨大な数のサーバを用いるクラウドアーキテクチャ・コンピューティングを想定して開発された、省電力仕様M/B S5500WB(Willowbrook)採用の1Uサーバ。


データリカバリ

VMwareインフラとMicrosoft仮想サーバでのデータリカバリ実装ガイド

仮想化技術が実現するビジネスの生産性とコスト削減を維持するために、実行中のホストシステムと仮想システムを効果的にバックアップし迅速にリカバリする方法を紹介。


物理サーバから仮想マシンへ

実環境でHyper-Vを利用するための物理サーバから仮想マシンへの移行ガイド

Hyper-Vを利用した仮想化導入の事前検討事項として必要なことは、可用性の高いインフラ構築とP2V(物理サーバから仮想マシンへの移行)が上げられる。ここではSCVMMを利用したP2Vについて紹介する。


Windows Server 2008 Hyper-Vのベストプラクティス

Windows Server 2008 Hyper-V 検証結果に基づくベストプラクティスのご紹介

Dell サーバプラットフォームとHyper-Vを組み合わせた検証結果に基づくベストプラクティスや、Hyper-Vでの仮想化環境構築における考慮点などを紹介。


サーバ/ストレージ仮想化

サーバ仮想化とストレージ仮想化の相乗効果が、劇的なコスト削減を実現した

ベンダーロックを解消し、仮想化技術をフルに活用して挑んだサーバ統合&ストレージ統合が、ユーザー主体の構築/運用/保守を可能にした。劇的な運用コスト削減を実現した先進事例を紹介する。


ネットワーク仮想化

「ネットワークの仮想化」で実現できること! 「ネットワークパーティション」解説

今や最も注目されているIT技術の1つである“仮想化”。主にサーバやストレージの統合手段として注目されているが、ネットワークでも”仮想化”が重要なテーマになっている。


仮想化によるシンクライアント

シンクライアント環境構築、Citrix仮想化ソリューションで初めの1歩

シンクライアントはセキュアなITインフラの実現に非常に有効なソリューションだ。初期導入コストを抑え、スモールスタートから段階的にシンクライアント環境を構築する方法を解説する。


仮想化のインフラとしてのストレージ

大規模VMware環境の構築では、ストレージに気を配るべし!

サーバ仮想化のキーポイントはストレージだ。大規模な仮想化環境を構築するに当たって、共有ストレージをボトルネックにしないためのポイントを、VMwareのアーキテクチャを交えながら解説する。