2009年05月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

部長のためのBI活用講座【第4回】マネジャー別、売り上げ分析のためのBI活用シナリオ

「全国に店舗を持つ小売業」という想定で、売り上げ拡大のためのBI活用のシナリオを紹介する。仕入れ、エリア、店舗のマネジャーごとに、データ活用の仕方は変わってくる。

[小島 薫,ウイングアーク テクノロジーズ]

いまさら聞けないBIツールの基本

 今回はあらためてBI(Business Intelligence)ツールを使ったデータ活用法を学んでみよう。一般的なデータ活用はデータの検索・集計が基本だ。例えば販売管理で考えてみよう。

 営業マネジャーであれば、全社の月別・商品別売り上げ一覧表、営業チーム別の予算・実績一覧表といった管理資料に毎月目を通しているはずだ。これらの管理資料は、販売データ(売り上げ明細)の中から特定の期間のデータを検索し、それを管理資料ごとの管理軸(例えば、営業チームや商品)で集計して作成されている。

 以前は紙に印刷したものを見ていたかもしれないが、最近ではペーパーレス化も進み、PDF文書などの電子ファイルとして配布されたり、ファイルサーバ上で共有されたりしているケースも少なくない。しかしどちらの場合も、データ活用といっても定型的に与えられたデータをMicrosoft Office Excelに再入力して自分なりのリポートを作るといったことができる程度だ。それがBIツールを使うことで、これまでの管理資料では見えなかったことが見えるようになる。

 BIを活用して、これまでバラバラに管理していたデータを共有して可視化することで、さまざまなメリットが生まれる(ペーパーレス化によるコスト削減は言うまでもない)。例えば、これまで店舗ごとに管理していた生産状況や出荷状況を全店舗で一元的に可視化できれば、効率的な生産管理を行うことができる。また、共通化したデータ管理による生産性向上は、明確な人的コストや物理的コストの削減につながり、業務効率を上げ、迅速な意思決定を促すのである。

 それでは、実際にBIツールを使ってデータを操作していくが、本稿では「全国に店舗を持つ小売業」という想定で売り上げデータを使ってみる。

仕入れマネジャー(バイヤー)の視点

画像 一般的な管理資料でよく目にする、商品分類別の年度別売上金額集計表。元はPOSレジの売り上げデータだ《クリックで拡大》

 これは、商品の仕入れを担当している仕入れマネジャー(バイヤー)にとって、非常に重要な資料となる。実際には商品別(いわゆる単品別)の売り上げを常に見ているが、ここでは分かりやすくするために商品分類別での売り上げの推移としている。

 この資料には集計項目として、行項目の「(商品)大分類名称」、列項目の「年度」がある。これらはBIの世界では一般的に「分析軸」と呼ばれる。言い換えるなら、管理資料での「○○別」という項目が分析軸ということになる。この資料の場合は、「(商品)大分類名称」「年度」という2つの分析軸での集計表ということになる。

 また、多くの場合、「地域別」「顧客属性別」「仕入先別」など分析軸の組み合わせで資料を多数作成するが、BIツールではそれらの組み合わせを動的に変えることで、さまざまな角度からデータを即座に可視化できる。分析軸は「次元」と表現されることがあり、BIツールでは複数の次元(分析軸)で分析できる。BIツールを利用した分析が多次元分析と呼ばれる理由だ(図参照)。

画像 多次元分析のイメージ。拠点別、年度、商品別といった複数の分析軸を組み合わせることで、単一の分析軸では見えなかったものが見えてくる

エリアマネジャーの視点

 次にエリアマネジャーの立場からデータを見ていこう。エリアマネジャーに必要なのは地域や店舗別のデータ分析となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...