2009年06月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネス主導型構想BPMプロジェクト成功のカギとは

プロジェクトマネジャーは業務部門のニーズを把握するとともに、どのプロセスの改善が最大の価値を実現するかを理解することが不可欠だ。

[Karen Guglielmo,TechTarget]

 BPM(ビジネスプロセスマネジメント)はビジネス主導型の構想であり、技術的ソリューションはそれを支援するものだ。それ故、ITプロジェクトマネジャーはBPMの技術ソリューションのトレーニングを受けるだけでなく、業務部門のニーズを把握するとともに、どのプロセスの改善が最大の価値を実現するかを理解することが不可欠だ。

 「ITスタッフがBPMプロジェクトを指揮すべきではない。大混乱を招く結果になるからだ」と話すのは、BPMソフトウェアがビジネス戦略に与える影響の評価を専門とする米BPM Focusの創業者、デレク・マイアーズ氏だ。「業務部門自身がBPMプログラムを主導しないと長続きしない。BPMは業務部門による、業務部門のための、業務部門のプロジェクトなのだ」

 米Carrierのエネルギーサービス子会社Norescoの場合、当初BPMはIT部門の管理下にある技術ソリューションだった。しかしBPMの対象となる業務が増えるのに伴い、BPMは業務部門が統括するプロジェクトとなった。「今では、業務部門の意思決定を支援することが、プロジェクトの最大の目的になった」と話すのは、Norescoの情報システム部門のディレクターを務めるクリス・ジョンストン氏だ。「われわれがこのプロジェクトを業務部門から取り戻そうとすると、大混乱が生じるだろう。今では、彼らはこの体制でわれわれと共同作業をするのにすっかり慣れてしまった」

 では、BPMプロジェクトを立ち上げ、ITスタッフがBPMのビジネス目標を理解し、自動化や再マッピングによって最大の効果が得られるのはどのプロセスなのかを判断するのに必要なBPMトレーニングを受けるようにするには、どういった取り組みが必要なのだろうか。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...