2009年06月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「VMware 仮想化サミット2009」イベントリポートベールを脱いだヴイエムウェアの「クラウドOS」戦略

2009年5月29日、東京・六本木で開催された「VMware 仮想化サミット2009」。4月に発表された新仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 4」を中心とした、ヴイエムウェアのクラウド戦略が明かされた。

[吉村哲樹,TechTargetジャパン]

 2009年5月29日、ヴイエムウェアが主催するイベント「VMware 仮想化サミット2009」がラフォーレミュージアム六本木(東京・港区)で開催された。同イベントは、2009年4月にヴイエムウェアが発表した新しい仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 4」を中心に同社の製品・ソリューションを紹介するもので、今回の東京会場を皮切りに全国20都市で開催される。

 本稿では、同イベントの講演から幾つかをピックアップし、同社が掲げる仮想化ソリューションのコンセプトとその具体的な内容を紹介する。

ヴイエムウェアの仮想化戦略

画像 ヴイエムウェア 三木泰雄氏

 同イベント冒頭では、ヴイエムウェア 代表取締役社長の三木泰雄氏が登壇し、同社が提唱する仮想化戦略の概要について講演を行った。同氏は、企業のIT予算のうち70%以上が既存システムの運用管理業務に充てられており、これを削減してITスタッフの時間をより戦略的なプロジェクトへ割り振れるようにすることが企業に競争優位をもたらすと説明。同社が提供するVMware vSphere 4は、サーバだけでなくストレージやネットワークも含めた仮想化インフラ全体に対して、優れた管理性と自動化をもたらすため、部門レベルだけでなく全社レベルでIT運用コストの削減メリットを享受できると強調する。

 さらに同氏は、同社の戦略として「Internal Cloud」「Scale」「People & Info-centric」という3本の柱を提示する。

画像 ヴイエムウェアの戦略

 Internal Cloudは、仮想化技術の活用による企業システムのクラウドコンピューティング化を指す。Scaleは、その企業内クラウドコンピューティング環境を社外のクラウドコンピューティング環境と連携させ、システムをスケールアウトしていくことを意味する。そしてPeople & Info-centricは、企業システムにおけるクライアント環境を仮想化技術によってさらに進化させる概念だ。

 VMware vSphere 4はクラウドコンピューティングのプラットフォーム、いわばOSとして機能し、上記3本の柱のうちInternal CloudとScaleを実現するものとして位置付けられる。それによって実現する企業クラウドコンピューティング環境を、同氏は「プライベートクラウド」と表現する。

 「プライベートクラウドとは、社内にある既存のシステム資産をそのまま生かしつつ、クラウドコンピューティング環境に移行したもの。これは、他社が提供するパブリッククラウドのサービスのように、クラウドベンダーが提供するプロプライエタリなサービスやプラットフォームに企業が合わせるのではない。既にある企業システムを、社外のクラウド環境でも稼働させられるようにするオープンなプラットフォームこそ、われわれが提唱するプライベートクラウドだ」(三木氏)

「クラウドOS」という新しい概念

画像 米VMware ラグー・ラグラム氏

 続いて登壇した米VMware サーバ事業部門担当副社長兼ゼネラルマネジャーのラグー・ラグラム氏は、同社がVMware vSphere 4で提供するクラウドコンピューティングのビジョンについて、次のように説明する。

 「GoogleやAmazon.comが提供するパブリッククラウドの革新性やオープン性は素晴らしい。しかし、企業が既にデータセンターに構築したシステムの安定性や柔軟性、セキュリティの堅牢性も捨てることはできない。VMware vSphere 4は、データセンターに新しいレイヤー、新しい方法を持ち込み、データセンターにクラウドのメリットを取り込むことにより、この両者を橋渡しする」(ラグラム氏)

 VMware vSphere 4は、まさに「クラウドOS」としてアプリケーションのレイヤーとインフラのレイヤーに対してクラウドコンピューティングのサービスを提供する、まったく新しい概念のプラットフォームなのだという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...