2009年06月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SaaS型かオンプレミス型かERPソフトウェア選択で役立つ6つのチェックポイント

ERPの導入形態を検討する際に、自社の状況に合った決定を下すために考慮すべき6つの重要な要素を紹介する。

[Panorama Consulting Group,TechTarget]

 不透明な経済状況の中にあっては、企業はERP(Enterprise Resource Planning)の意味を再定義し、その導入形態を再検討する必要がある。今日、「SaaS(Software as a Service)」や「オンデマンド」といった言葉は、1つのアプリケーションインスタンスからインターネット経由で配信され、複数のユーザーによって共有される機能を意味する。従来のERPに代わる低コスト・低リスクの選択肢として、SaaSとオープンソースに魅力を感じる企業もあるだろう。しかし従来型ERP製品とSaaS型のERP製品のどちらにも、考慮すべきリスクが存在する。

 最近のERPパッケージの魅力は、ERPソフトウェアを選択する際に導入形態を選べる点にある。つまり、ERPを自社のサーバ上で運用するという形態のソリューション(従来型ERP)を導入するという方法に加え、ソフトウェアを自社で管理するのが難しい企業にとっては、社外で運用してもらうという選択肢(SaaS)があるのだ。ただしERPを選択する際には、自社の状況に合った決定を下すために以下の6つの重要な要素を考慮する必要がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...