2009年06月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

SaaS型かオンプレミス型かERPソフトウェア選択で役立つ6つのチェックポイント

ERPの導入形態を検討する際に、自社の状況に合った決定を下すために考慮すべき6つの重要な要素を紹介する。

[Panorama Consulting Group,TechTarget]

 不透明な経済状況の中にあっては、企業はERP(Enterprise Resource Planning)の意味を再定義し、その導入形態を再検討する必要がある。今日、「SaaS(Software as a Service)」や「オンデマンド」といった言葉は、1つのアプリケーションインスタンスからインターネット経由で配信され、複数のユーザーによって共有される機能を意味する。従来のERPに代わる低コスト・低リスクの選択肢として、SaaSとオープンソースに魅力を感じる企業もあるだろう。しかし従来型ERP製品とSaaS型のERP製品のどちらにも、考慮すべきリスクが存在する。

 最近のERPパッケージの魅力は、ERPソフトウェアを選択する際に導入形態を選べる点にある。つまり、ERPを自社のサーバ上で運用するという形態のソリューション(従来型ERP)を導入するという方法に加え、ソフトウェアを自社で管理するのが難しい企業にとっては、社外で運用してもらうという選択肢(SaaS)があるのだ。ただしERPを選択する際には、自社の状況に合った決定を下すために以下の6つの重要な要素を考慮する必要がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「AIアナリスト」、Webにおけるコンバージョンを売り上げとひも付ける機能追加
WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」にWebサイト上のコンバージョンと売り...

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...