2009年07月13日 00時00分 UPDATE
PR

丸紅情報システムズ「災害対策サービス」ストレージ+アウトソーシングで簡単“災害対策”を提供

災害対策の重要性を認めつつも、行動に移せていない企業は多い。待機サイトを運用する負担、高い通信コストなどがネックになっている。もっと手軽に導入・運用できる方法はないものだろうか?

[ITmedia]

 情報システムの災害対策の重要性は今さら説明するまでもないだろう。事業継続に欠かせないデータを万が一の事態に備えて守る仕組みを講じておきたい。ただ、「何をどうすればよいのかの見当がつかない」「災害対策は高コストであり、予算が確保できない」などの理由から、実行に踏み切れない企業が多いようだ。そこで丸紅情報システムズは、実績のあるストレージレプリケーション、専門技術者を多数擁するデータセンターを活用した災害対策サービスを提供する。

 重複排除技術で注目を集める「Data Domain」製品を活用した同社のサービスでは、狭い通信帯域で大量データのレプリケーションを可能にし、低コストの災害対策を実現する。通信回線および待機ストレージは同社が提供するため、ユーザー企業は既存環境にData Domain製品を追加するだけでよい。そのほか、ファイルサーバ(NetApp製NAS)に特化したサービスなども用意する。

提供:丸紅情報システムズ株式会社

提供:丸紅情報システムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部