2009年07月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

高価なBIツールを宝の持ち腐れにしないために【Q&A】ビジネスインテリジェンスの要件収集のコツとは

BIツール採用に当たり、組織内で要件収集をスムーズに進め、ベンダーから必要な情報を得て適切な選定を行うにはどうすればよいだろうか。

[Phil Simon,TechTarget]

質問:われわれはBI(Business Intelligence)製品の評価を始めて間もない段階です。要件収集のコツを教えてください。適切な選定を行えるように、組織内で要件収集をスムーズに進め、ベンダーから必要な情報を得るには、どうすればよいですか。

 良い質問だ。BIや関連ツールに何を求めるかを明確にしなければ、求めるものは得られないだろう。第1に、現在のデータの品質とレイアウトを把握しなければならない。オンライン分析処理(OLAP)ツールは、データをさまざまな切り口で分析できる。OracleのHyperion製品、IBMのCognos製品、Microsoft製品などがデータマイニングツールとして非常に強力だが、どの製品を選ぶにしても、まず社内データの現状に目を向けることが非常に重要だ。

 あなたの会社の財務や人事、販売といったビジネスデータについて考えてみよう。BIツールやマスターデータ管理(MDM)ツールはこうしたデータを分析し、ビジネスにおける隠れた傾向を明らかにすることができる。しかし、社内データが汚い場合、こうしたツールが魔法のようにデータをクリーンアップしてくれるわけではない。社内データの現状を把握すれば、ソリューションに何が求められるかが、より明確に見えてくる。また、ツールを購入する前にデータクリーンアッププロジェクトに着手した方がよいということになるかもしれない。ゴミを入力すれば、ゴミが出力されるからだ。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。