Loading
2009年07月29日 00時00分 UPDATE
PR

開発現場の利益率向上サービス「ALMバリュー・プロファイル」経営層を納得させる開発現場の利益率向上計画のヒント

今日、IT企業が抱える最大の経営課題の1つが「開発現場の利益率向上」だ。長年にわたって経営層を悩ませてきたこの問題に最適なサービスがある。しかも無料で受けることができるのだ。その内容とは?

[ITmedia]

 世界的な経済不況が、SI企業やソフトハウスに大きな課題を突き付けている。それは「開発現場の利益率を向上するには、どうすればいいか」という問題だ。

 これを打破するには、利益を念頭に置いた戦略的な開発現場の見直しが重要になる。現存の開発資産やノウハウを生かし、攻めの一手を打って、利益率を上げるという戦略だ。

 その戦略を示唆するのが、ボーランドが提供する「ALMバリュー・プロファイル(Application Lifecycle Management Value Profile)」というコンサルティングサービスである。長年にわたり開発現場を支援してきたボーランドのノウハウが反映されており、かつ無料で受けられるサービスである。

 欧米では何十社もが本サービスを受け、利益を生み出すプロセス改善を進めている。IT企業が直面する最大の課題を解決に導くALMバリュー・プロファイルと、よりその効果を高めるための新製品「Borland Silk 2009」「Borland StarTeam 2009」についても見ていこう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「ボーランド株式会社」に収集される
  • 「ボーランド株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「ボーランド株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:ボーランド株式会社

提供:ボーランド株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部