Loading
2009年08月19日 00時00分 UPDATE
PR

「CA Wily Application Performance Management」Webアプリケーション性能管理がオンラインビジネスを救う

多くの企業がオンラインビジネスを展開している今、顧客からはさらに厳しいサービスレベルが求められつつある。顧客との良好な関係を保つために今後必要なものとは“顧客視点でのアプリケーション性能の可視化”だ。

[ITmedia]

 今日のオンラインサービスの多くは、ネットワークに接続していれば、いつでもどこでも利用できる“社会インフラ”として定着しつつある。家賃振り込みや本・洋服などの身の回りの買い物、株式の売買や旅行の予約などにオンラインサービスを利用することが、日常生活の一部になっている人も多いことだろう。

 そのため、サービス利用時にレスポンスが悪かったり、システムがダウンするといった状況が起こると、利用者の不快感は大きい。ましてや有料サービスを利用しているとすれば、そうしたトラブルは即クレームにつながったり、企業不信を引き起こしてしまう。場合によっては、サービス提供者が損害賠償を求められることもあるだろう。このように、オンラインビジネスは利便性が実感されている半面、何か異常があると大きな損害を引き起こすリスクをはらんでいる。

 サービス提供企業は顧客との関係を良好に保つために、Webアプリケーションを顧客の視点、性能の観点で常にモニタリングできる体制が求められるようになってきている。そうした中、グローバル企業がこぞって採用しているのが、アプリケーションの性能を可視化する統合ソリューション「CA Wily Application Performance Management」だ。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本CA株式会社」に収集される
  • 「日本CA株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本CA株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部