Loading
2009年08月24日 00時00分 UPDATE
PR

ブレードサーバ「PowerEdge M905」導入事例芝浦工大が基幹システムインフラにデルのブレードサーバを選んだ理由

教育・研究向けシステムのサーバ環境をデルのブレードサーバ「PowerEdge M905」で刷新する芝浦工業大学。デル製品選定の理由を聞いた。

[ITmedia]
画像

 芝浦工業大学は、PC端末約2000台を擁する教育・研究向けシステムをほぼ3年ごとに全面更新している。今回の更新では、サーバ環境をx86プラットフォーム、ブレード型に全面的に統一した。その製品ベンダーに選んだのがデルである。

 演算リソースを大量消費する科学技術計算向け、総プロセッサ数384(1536コア)、総メモリ容量約6.9Tバイトの大規模サーバ環境を構築する。4ソケットの高性能ブレードサーバ「PowerEdge M905」に、省エネ性能の高いエンクロージャ「PowerEdge M1000e」を組み合わせる。同大学がデル製品を選んだ理由は何だったのか。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「デル株式会社」に収集される
  • 「デル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「デル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部