2009年08月24日 00時00分 公開
PR

ブレードサーバ「PowerEdge M905」導入事例芝浦工大が基幹システムインフラにデルのブレードサーバを選んだ理由

教育・研究向けシステムのサーバ環境をデルのブレードサーバ「PowerEdge M905」で刷新する芝浦工業大学。デル製品選定の理由を聞いた。

[ITmedia]
画像

 芝浦工業大学は、PC端末約2000台を擁する教育・研究向けシステムをほぼ3年ごとに全面更新している。今回の更新では、サーバ環境をx86プラットフォーム、ブレード型に全面的に統一した。その製品ベンダーに選んだのがデルである。

 演算リソースを大量消費する科学技術計算向け、総プロセッサ数384(1536コア)、総メモリ容量約6.9Tバイトの大規模サーバ環境を構築する。4ソケットの高性能ブレードサーバ「PowerEdge M905」に、省エネ性能の高いエンクロージャ「PowerEdge M1000e」を組み合わせる。同大学がデル製品を選んだ理由は何だったのか。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部