2009年08月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

流通業におけるRFIDの可能性【物流センター編】RFIDで実現するサプライチェーンの高度化

RFIDを有効に活用すれば、アパレルのサプライチェーンに内在する物流ロスを可視化し、改善することができる。その具体的な施策と、物流センター内での作業効率向上の方法を紹介する。

[山内秀樹,住金物産]

サプライチェーンにおけるRFIDの導入

 現在、さまざまな業界でRFID(非接触ICタグ)システムを活用した物流合理化の手法が論じられ、一部では実際に導入されているケースも見受けられる。例えば、倉庫での入出荷の際にパレットや外箱に張り付けたRFIDを読み取ったり、倉庫内のソーターなどと組み合わせることで入出荷のスピード化を求めるケースや、非接触機能を活用して棚卸し作業の効率化を求めるケースなどで導入されてきた。このように、物流センター内における業務の部分最適を目指したRFID活用は進んでいる。しかし、広く普及しているバーコードを利用したアプリケーションと比較すると、限定的な活用にとどまっているのが現状であり、RFID導入に伴うコストがまかなわれているとは言い切れない。

 前回「RFIDで実現する店舗業務の効率化と高精度な販売戦略」で記載した通り、アパレル業界では店舗でのRFID取得情報を最大限に利用することで、業務の効率化と高精度な販売戦略の実施が可能であると考えられている。そのためには、商品を製造する工場で1つひとつの商品にRFIDを張り付け(ソースタギング:Source Tagging)、店頭まで流通させるシナリオが必要になる。工場から物流センターを経て、店頭そして消費者の手元までさまざまな情報を得ながら「旅をするRFID」は、物流センター内における業務の部分最適以外にも、サプライチェーン全体の効率化を図るキープレーヤーとなり得るのではないだろうか。

 2008年の経済産業省委託事業「IT投資効率性向上のための共通基盤開発プロジェクト」(繊維分野・電子タグ実証実験)を通して、この「旅をするRFID」がアパレルサプライチェーンの新たな効率化モデルを示してくれた。

アパレルのサプライチェーン

 日本国内で販売されているアパレル製品の輸入浸透率は、2007年のデータによると94%を突破している(※)。つまり、大半のアパレル製品は、海外の工場から日本各地の店頭まで、長くて複雑なサプライチェーンを介在しなければ供給されないということである。通常、海外の工場で生産された製品は、まず海外の物流センターに運ばれ、検針・検品などの作業を行った後に、日本の物流センターに送られる。

(※)出典:日本繊維輸入組合「日本のアパレル市場と輸入品概況2008年」

画像 アパレルサプライチェーンの概要

 アパレルサプライチェーンにおいて生産性の向上を阻害している要因は、主に以下の2つに大別できる。


  1. 初回店舗配分数量の計画精度低下によるロス
  2. 物流センターの庫内オペレーションの非効率性

 RFIDの活用により、上記の問題がどのように解決されていくかを見ていく。

関連ホワイトペーパー

RFID | SCM | ICタグ | イノベーション | 在庫管理 | IT投資 | 流通業


<筆者紹介>

山内秀樹

住金物産株式会社

SCM事業開発部 部長

早稲田大学理工学部・工業経営学科卒。ドイツ、イギリス、アメリカなど通算10年の海外駐在を経て、現在、住金物産 SCM事業開発部部長。専門はサプライチェーンとRFID。早稲田大学創造理工学部・経営システム工学課非常勤講師。日本アパレル産業協会RFID実用化推進委員会委員長、RFIDシステム利活用運用環境整備調査研究委員会委員など。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...