2009年09月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド導入企業のCIOが語るクラウドコンピューティング採用のための6つの準備作業

いち早くクラウドサービスの導入に踏み切った米製薬会社Amylin Pharmaceuticals。同社のCIOが、クラウドコンピューティングサービスの採用に向けて、IT部門および全社でどのような準備作業を行ったかを語った。

[Christina Torode,TechTarget]

 米製薬会社Amylin Pharmaceuticalsでは、いち早くクラウドコンピューティングサービスの導入に踏み切った。同社はその際に、どのような準備をしたのだろうか。

 同社では20年間近く、売れる薬を持っていなかったが、FDA(米食品医薬品局)に認可された2種類の薬(糖尿病用と肥満防止用)を2004年に投入したことで状況が一変した。経営陣は、同社が5年後には年商30億〜50億ドルの大企業になり、この成長を支える大規模なITインフラが必要になると予想した。

 同社では、既にその時点で導入後5年になるハードウェアを更新する必要があり、2カ所のデータセンターも容量と電源の限界に達していた。しかし機器の設置スペースに余裕はなく、同社幹部は新たにデータセンターを建設すべきかどうかの判断を迫られた。

 同社のスティーブ・フィルポットCIOは、クラウドコンピューティングサービスを利用することによって、これらの問題を一気に解決しようと考えた。だがこのアイデアが全社的に受け入れられるまでには、多くの準備作業が必要だった。

 同社は最終的に、販売ターゲットの絞り込みと人事・給与管理のクラウドアプリケーションには「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」を採用し、アプリケーション開発用としてSalesforce.comの「Force.com」、そしてクラウド内でのストレージには、NAS(Network Attached Storage)クラウドプロバイダーのNirvanixのサービスを利用することに決めた。

 フィルポット氏は米Burton Group主催の「Catalyst Conference」のセッションにおいて、クラウドコンピューティングサービスの採用に向けてIT部門および全社でどのような準備作業を行ったかについて説明した。同氏の経験をToDoリスト形式で以下にまとめた。

クラウドコンピューティングサービスの採用に向けた準備作業

ITソフトウェア資産を評価し、コモディティー的なスタンドアロン型アプリケーションをクラウドに移行することを検討する

 Amylin PharmaceuticalsのITチームは、ビジネス部門のユーザー向けに、どのアプリケーションが差別化要因であり、どのアプリケーションがコモディティーと見なされるかを示した表を作成し、なぜコモディティー的アプリケーションが電子メールや「LiveOffice」などのクラウドサービスに適しているかを説明した。人事・給与管理や販売分析などのスタンドアロン型アプリケーションもクラウドに適していることを示した。

 「これらのアプリケーションやシステムは、ほかアプリケーションと連係することが少ないのでクラウドに適していると説明した」とフィルポット氏は語る。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...