2009年09月30日 00時00分 公開
PR

サーバプラットフォーム「IBM i搭載 Power Systems」安定稼働と確実な進化の両立を導く「基幹システムにベストセラー機」という選択

基幹業務に汎用機を使用する企業にとって、次期システム選定は頭の痛い問題。汎用機のままでいくか、オープン系に移行するか。しかしそんな二者択一の決断を迫らないサーバプラットフォームがあった。

[ITmedia]

 日本では、およそ8000台使われ続けている汎用機や、数万台にも及ぶというオフコンが企業の基幹業務を担っている。そして現在、それらのベンダーがサポートを引き上げつつある中で、レガシーシステムを抱えた企業はタイムリミットの足音におびえながら、後継機選択の決断に迫られている。

 では、次期システムの本命は何か。安定性を優先したいのなら、引き続き後継の汎用機という選択もある。しかしそれでは決断の先延ばしにすぎず、根本的な解決にはならない。一方、オープン系システムを選択するならUNIXかPCサーバの活用となるが、運用管理の負担や安定稼働への不安、TCOの肥大化、さらにはプログラムのコンバージョンが問題なく可能なのかといったことが懸念材料になっている。

 後継汎用機かオープン系かの二者択一しかないのだろうか。そんな企業の悩みに、日本アイ・ビー・エムは新たな選択肢を示す。それが、高い顧客満足度を長年保ち続けているという、あの隠れたベストセラー機だ。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部