2009年10月29日 00時00分 UPDATE
info Center

ストレージとネットワークの仮想化ソリューションサーバ仮想化だけでは実現できない、ITインフラ仮想化によるコスト削減

“仮想化”イコール“サーバ仮想化”だと思い込んでいないだろうか? 仮想化のメリットとして「コスト削減」がよく挙げられるが、サーバだけではなくストレージやネットワークまで仮想化しないと効果は表れない。

[ITmedia]

記事一覧

F5ネットワークスが描く「ITインフラの仮想化」像

ネットワークとストレージ両面で進める、ITインフラの真の仮想化とは?

仮想化といえばサーバ向けのソリューションと思われがちだ。しかし、ストレージやネットワークといったITインフラ全体へと展開すれば、コスト削減や運用効率の向上という仮想化の導入効果が生きてくる。


アプリケーショントラフィック管理システム「BIG-IP/VIPRION」

「ネットワーク仮想化」なくして仮想化の真のメリットは引き出せない

サーバを仮想化・集約することによりコストを削減できるという話はよく耳にするが、期待したほど効果が上がらないケースも多いという。そこで欠けているのは、「ネットワークの仮想化」という観点だ。


ファイルストレージ仮想化ソリューション「ARXシリーズ」

今やストレージの移行・増設にサービス停止は不要

企業システムが抱え込むデータの量は増加の一途をたどり、ストレージの増設に次ぐ増設で運用管理業務は複雑になるばかり……。こうした事態を一挙に改善できる可能性を秘めているのが「ストレージの仮想化」だ。


注目のホワイトペーパー

F5ネットワークスジャパン株式会社

【運用管理コストの削減に効果】ITインフラの全体最適を目指す「仮想化」の導入事例

ネットワーク機器も集約と仮想化することでどのような効果があるのだろうか? ネットワークリソースを共有、余剰投資を回避できること。アプリケーションやトラフィックの成長に合わせて簡単に拡張できること……。


F5ネットワークスジャパン株式会社

増え続けるストレージの運用管理を効率化する方法

インテリジェントな仮想化機能により、ファイルサーバの運用管理における数々の課題を解決する「F5 ARX」。多くのシステム管理者が悩む、データ移行の負荷軽減と既存資産の有効活用策について具体的に紹介する。


F5ネットワークスジャパン株式会社

BIG-IP v10 新しい機能とメリット

仮想化技術やクラウドコンピューティングの導入を支援し、ビジネスを加速させる真のアプリケーションデリバリコントローラに進化したBIG-IP v10。機能強化ポイントとユーザーメリットについて詳しく紹介する。