2009年12月03日 20時00分 UPDATE
連載ミドル

ノーク伊嶋の「中堅・中小企業をITで救いたい!」

経営課題の解決にITをどう活用すべきか。厳しい経済環境の中で、中堅・中小企業がこの解を見つけるのは難しい。ノークリサーチ代表の伊嶋氏が業界関係者へのヒアリングと知見に基づく語り口で、この命題を解いていく。

[ITmedia]

記事一覧

ノーク伊嶋の「中堅・中小企業をITで救いたい!」【第1回】

名ばかりの基幹業務システムから抜けられないSMBのIT事情とは?

中堅・中小企業(SMB)は大企業などと比べてITを活用できていないといわれる。業務システムに導入しているサーバなどは、実質レガシー用途だ。中堅・中小企業にとって「経営に役立つIT」は幻想なのだろうか?


ノーク伊嶋の「中堅・中小企業をITで救いたい!」【第2回】

企業の良きパートナー選び、見極めのポイントはどこか

低迷する経済下でIT運用に悩む企業。そんな企業にとって、経営に直結するITの利活用を提案するパートナーは頼もしい存在だ。昨今提案力が落ちたといわれるが、最適な販売店を選ぶにはどうすればいいのか。


ノーク伊嶋の「中堅・中小企業をITで救いたい!」【第3回】

もっと身近に、もっと頼りにしよう「士業のセンセイ」

税務や労務について的確な指示を出してくれる税理士や労務士は、中小企業にとって頼れる存在。ITについて助言するのは「管轄外」だといわれるが、本質的な経営課題を解決しようとする働きかけはあるのだろうか。


ノーク伊嶋の「中堅・中小企業をITで救いたい!」【第4回】

経営者は情報システム部門を孤立させてはならない

「経営に役立つIT」を追求するCIOという役職は、中小企業にも必要なのだろうか。IT投資が消極的になる今こそ、ユーザーと経営層の間で孤立する情シス部門の役割を、経営者自ら見直す機会だともいえる。

Loading