2009年12月07日 00時00分 UPDATE
インフォメーション

企業がサーバ統合・仮想化を成功させるためのベストプラクティス

仮想化の導入を成功させるために活用したいベストプラクティス2点と事例の合計3点の最新資料をまとめて紹介。TechTarget会員限定で資料をダウンロードできます。「同意して閲覧する」をクリックし、アンケートに答えて資料をダウンロードしてください。

[ITmedia]

仮想環境におけるネットワーキングベストプラクティス

WP1

本ホワイトペーパーでは、デルのPowerEdge M1000eブレードサーバとiSCSIストレージ上でVMware vSphere 4の仮想化を効果的に行うための、各I/Oモジュールのマッピング、LANとiSCSI SANのネットワークアーキテクチャについて、具体的な図や表を用いて解説する。


仮想インフラで高可用性を実現するベストプラクティス

WP2

仮想化技術の進歩は、サーバ統合を加速させた。しかし、シングルサーバではインフラストラクチャのいずれかのレイヤーで障害が発生した場合、重大なリスクを負う可能性がある。可用性が懸念事項である場合、異なるレイヤーである「仮想マシン」「ハイパーバイザ」「サーバ」「ネットワークファブリック」「ストレージレイヤー」において可用性を提供するソリューションを設計することが必要だ。
本ホワイトペーパーでは、vSphere 4を利用し複数のレイヤーで障害に耐えられる設計、高い可用性を提供する方法について解説する。


【事例】サーバ台数を半減し高可用性も実現。vSphere 4を使った仮想化基盤構築例

WP3

インプレスホールディングスは、グループ各社に向けたサービスを提供するシステムプラットフォームとして、仮想化環境に最適なプロセッサーを搭載した「DellPowerEdge R805」を採用。仮想化ソフトウェアには「VMware vSphere 4」を採用した。
本事例資料では、サーバ仮想化の導入・運用を積極的に進めてきた同社が、仮想化環境に最も適したサーバであると判断した理由を解説する。

個人情報の取り扱いに関して

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で下の[同意して閲覧する]ボタンをクリックすると、アンケートフォームに進みます
※閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします

本資料は公開を終了いたしました。