2009年12月08日 08時00分 UPDATE
連載ミドル

プロジェクト管理ツール紹介

プロジェクトの失敗が企業経営上の問題にもなる現在、プロジェクトを成功に導くためには、その適切な管理が重要なカギとなる。本連載ではプロジェクト管理を支援する主要な製品を紹介していく。

[ITmedia]

記事一覧

デンソークリエイト編

現場メンバーの改善活動を支援する工数・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX」

現場の業務改善において、重要な情報源となる日々の工数実績。しかし、現場のメンバーに毎日正確に入力させるのは難しいことでもある。今回は、実績入力の負荷を軽減する機能を追求したツールを紹介する。


ビーイング編

プロジェクト完了時期の短縮化を支援するプロジェクト管理ツール「BeingManagement2」

メンバーが複数タスクに携わることが多い中、作業負荷が高くなるとタスクの管理が難しくなり、すべてのプロジェクトに影響して大幅な遅れが生じることがある。


横河ディジタルコンピュータ編

組み込み開発のプロセス最適化も支援する計画・進ちょく管理ツール「microEPS」

短納期・多品種、同時並行開発が主流である組み込みソフトウェア開発。そのプロジェクトを効率的に管理する上で求められる管理ツールの要件とは一体何だろうか?


日立東日本ソリューションズ編

製造/建設業の工程管理をベースにしたシステム開発向けプロジェクト管理システム「SynViz/SD」

大規模なシステム開発においては、複数の企業や組織間にまたがるプロジェクトの管理が重要となる。その場合、WBSや企業間での日程調整などの情報共有がうまくいかないと、その納期やシステム品質に与える影響は大きい。


ポピュラーソフト編

オフショア開発にも対応するプロジェクト管理ツール「Popular ProjectManager」

開発コストを抑えることを目的としてオフショア開発に取り組むと、さまざまな問題に直面してトラブルに見舞われることもある。そうしたトラブルを回避するためにプロジェクト管理ツールは役に立つのだろうか。


アイナス編

現場からのボトムアップによるプロジェクト管理を支援する「PM-BOX」

精度の高い実績データがなく、勘と経験に基づいてソフトウェア開発プロジェクトの見積もりを策定する企業は多い。しかし、過去の経験だけでは対応できない案件も増え、精度の低い見積もりとなることもある。


構造計画研究所編

ソフトウェア開発の高精度な見積もり・計画策定を支援する「KnowledgePLAN」

精度の高い実績データがなく、勘と経験に基づいてソフトウェア開発プロジェクトの見積もりを策定する企業は多い。しかし、過去の経験だけでは対応できない案件も増え、精度の低い見積もりとなることもある。


日揮情報システム編

プロジェクトの見える化と標準化を支援する「SmartPMO」

プロジェクトには、採算の見通しが不透明なために利益を生むはずの案件が突然赤字化するリスクもある。今回はそうしたリスクの見極めを受注段階から支援し、全社的なモニタリング可能とするツールを紹介する。


デイルート編

コスト管理の手間が省けるプロジェクト原価管理ツール「A-Sign」

コスト削減が叫ばれる中、プロジェクトにおけるコスト管理にもより厳格さが求められる。しかし、実際にプロジェクトで行われているコスト管理はプロジェクトマネジャーのスキルに左右されることが多い。


日本アットタスク編

全員参加型のタスク管理を支援する「@task」

プロジェクトには「設計書の作成」から「会議室の予約」「上司への進ちょく報告」などさまざまなタスクが存在する。しかし、これらの作業の確認ミスや報告漏れが与えるプロジェクトへの影響は意外と大きい。


テンダ編

プロジェクト管理とグループウェアを統合した「Time Krei」

プロジェクト管理ツールを導入しても実際に使われていない企業では、実績入力が現場の負担になったり、管理者がその実績を管理業務に有効活用できていないことが多い。こうした課題を解決する策とは?


日本オラクル編

経営層を支援するための統合ソリューション「Oracle Projects」

プロジェクトの成否がその企業経営に強く影響する場合、そのプロジェクトの状況を正確に把握したいというニーズは、現場だけでなく経営層にも広がる。経営層がプロジェクトに対して的確な判断を下すために必要な機能とは?


サイオステクノロジー編

初めてでも簡単に活用できるPMツール「ProjectKeeper Professional」

プロジェクト管理ツールを導入しても、現場の理解や協力を得られなければ意味を成さない。入力作業が複雑だったり、手間が掛かるものであればなおさらだ。どうすれば現場で活用してもらえるだろうか?


システムインテグレータ編

“脱Excel”を実現する、PMBOK準拠システム「SI Object Browser PM」

プロジェクト管理のベストプラクティス「PMBOK」をうまく適用できれば、そのプロジェクトの成功確率は高くなる。しかし、適用する際には多くの課題が存在する。Excelによるプロジェクト管理もその1つだ。


ビーブレイクシステムズ編

厳格なコスト管理を可能にするセミオーダー型業務管理システム「MA-EYES」

会計基準の制度変更でより厳格なコスト管理が求められる現在、プロジェクト管理者は開発コストの大半を占める人件費を正確に把握しなければならない。その実現のために必要なものとは一体何だろうか。


マイクロソフト編

競合製品は自社のExcel――その弱点もカバーする「Microsoft Office Project 2007」

プロジェクト管理にも使われる万能ツール「Excel」。しかし、Excelを使用するとプロジェクトのリスクが高くなることもある。Excelの弱点とプロジェクト管理専用ツールの導入メリットをマイクロソフトに聞いた。

Loading