2009年12月11日 07時30分 UPDATE
特集/連載

スパムや盗聴から会社を守るために電話も攻撃対象――セキュアなVoIP導入のためのノウハウ

VoIPは電話料金を抑える手段として魅力的に思える。だが、音声をデータと同じネットワークに乗せることで攻撃やハッキングの標的ともなり得る。

[Michael Cobb,TechTarget]

 厳しい経済状況が続く中、VoIP(Voice over IP)は電話料金を抑える手段として非常に魅力的に思える。しかし拙速に飛び付く前に、セキュリティとコストに与える影響を考慮する必要がある。

 VoIPはデータやインターネットのトラフィックが流れるのと同じネットワークに通信を移すもので、ネットワーク情報データパケットと同様、VoIPトラフィックも攻撃やハッキング、盗聴、ルート改ざん、劣化の対象となり得る。電話機はネットワーク上で保護が必要なノードの1つとなる。

 スパム業者もVoIPに注目している。スパム送信の上でもVoIPはコスト効率が良いからだ。電子メールでは今やほとんどのユーザーがスパムフィルタを導入しているため、インターネット電話スパム(Spam Over Internet Telephony=SPIT)は電子メールスパムよりも成功率が高い。スパムフィルタをかいくぐったスパムメールは、送信者名と件名を見ただけで大抵は開かれることなく削除されるが、SPITの場合はリアルタイムの音声が使われるため、フィルタで遮断することは極めて難しい。かかってきた電話の一部を聞かない限り、それがスパムかどうかは判断できない。

準備すべきこと

 経営者やIT管理者は、音声とデータ、映像のトラフィックを同一のネットワークに乗せることに伴うセキュリティ問題を認識し、ネットワークの複雑性とトラフィックの致命性が増すことに対処できるようになっておく必要がある。まずは、VoIPの制御に使われるSIP(Session Initiation Protocol)および国際電気通信連合(ITU)の音声プロトコルH.323に、ネットワークインフラを対応させる必要がある。既存のセキュリティ対策が損なわれないよう、暗号化、リアルタイムの検出・監視、定期的な監査を導入しなければならない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...