2009年12月15日 00時00分 UPDATE
info Center

IT担当者が価値ある仕事に没頭できる環境を実現運用管理にもう振り回されない “ITインフラ最適化”必勝法

障害対応やパッチ適用などで一日が終わり、ビジネスに貢献するITの企画などIT部門本来の価値ある仕事に戻れず忙殺されていないだろうか。日々の煩わしい作業を軽減し、本来の業務に専念できる改善策を紹介する。

[ITmedia]

ストレージ

統合型ストレージ「IBM System Storage Nシリーズ」

乱立するファイルサーバを統合型ストレージですっきり整理

乱立するWindowsファイルサーバとそれに伴う非効率なストレージ環境をどう整理するのか。急増する情報資産の管理に悩む中堅企業にとって、この課題は先送りのできないものとなっている。


IBMの次世代ネットワークストレージ「IBM System Storage Nシリーズ」

仮想化によるサーバ統合が招く意外な落とし穴

仮想化技術を活用したサーバ統合を推進する企業が増えている。仮想化による統合で得られるメリットはさまざまあるが、サーバ仮想化環境を実現した際に新たな問題が発生することはあまり知られていない。


基幹系システム

「IBM i搭載Power Systems」が選ばれる7つの理由

コスト削減が叫ばれる今こそ、次期基幹系システムの正しい選択を

初期コスト削減のために基幹系システムをWindowsサーバに置き換えたことで障害が多発し、その原因特定に多くの費用と手間を掛けるケースが増えているという。その解決のために求められることとは?


ユーザー事例

障害多発する基幹業務システムをIBM i 搭載Power Systemsで安定稼働へ

オープン化の流れに沿ってオフコンと決別した時から始まった度重なる障害対応の日々。基幹システムの安定稼働と効率運用を実現すべく選択したのはIBM i 搭載Power Systemsだった。


サーバプラットフォーム「IBM i搭載 Power Systems」

安定稼働と確実な進化の両立を導く「基幹システムにベストセラー機」という選択

仮想化技術を活用したサーバ統合を推進する企業が増えている。仮想化による統合で得られるメリットはさまざまあるが、サーバ仮想化環境を実現した際に新たな問題が発生することはあまり知られていない。


ユーザー事例

汎用機/オフコンのメリットを継承できる最適なプラットフォームとは

将来性の不安や高くつくコストに課題がある汎用機やオフコン。しかしその安定性や業務ノウハウが詰まったプログラムは捨てがたい。IBM i 搭載のIBM Power Systemsなら“いいとこ取り”のレガシー・マイグレーションを実現できる。