Loading
2009年12月15日 00時00分 UPDATE
PR

「IBM i搭載Power Systems」が選ばれる7つの理由コスト削減が叫ばれる今こそ、次期基幹系システムの正しい選択を

初期コスト削減のために基幹系システムをWindowsサーバに置き換えたことで障害が多発し、その原因特定に多くの費用と手間を掛けるケースが増えているという。その解決のために求められることとは?

[ITmedia]

 長期化する景気低迷でいまだ底打ちが見えない中、企業のコスト最適化を吟味する意識は、より厳しさを増している。IDCジャパンが2009年7月に発表した「2009年国内CIO調査:ITサービス/アウトソーシング利用実態」によると、2009年度にIT予算を「削減する」と回答した企業は全体の34.6%となり、「増加する」と答えた14.1%を大きく上回る結果となった(※)。また、予算の削減対象はシステムの保守・運用費にまで拡大しつつあり、4社に1社程度がインフラの全社最適化や統合などの抜本的なシステムの見直しに着手しているという。

(※)出典:IDC Japanプレスリリース「IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表」2009年7月

 では、基幹系システムのインフラ移行についてはどうか。コストだけに着目すれば、「安価なWindowsサーバに置き換え、初期投資や保守費用を削減しようとする」ことが常道のように思える。しかし、それが本当に正しい選択なのだろうか。

 IAサーバにオープン系パッケージを組み合わせた企業の中には、障害頻度の多さと原因特定作業の難しさから、実際にはコストが増大してしまうこともあるという。そのため、再びオフコン並みの信頼性を求め、IAサーバからのリプレース事例も出始めている。

 基幹系システムに求められる要件は、第一に「安定稼働と信頼性」、次に「アプリケーション資産の継承によるコスト削減」、さらには「運用管理負担の軽減」、そして「セキュリティレベルの高さ」だ。そこで今、注目されているのが「IBM i搭載Power Systems」だ。本稿では、なぜIBM i搭載Power Systemsが選ばれているのかを7つの理由から検証する。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に収集される
  • 「日本アイ・ビー・エム株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「日本アイ・ビー・エム株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部