2010年01月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSインフォテリア、既存コンテンツを取り込めるiPhoneコンテンツ作成・配信サービス

インフォテリアは、iPhone用コンテンツの作成・配信・閲覧をするサービスの最新版「Handbook 1.5」の提供を開始した。既存コンテンツをXML形式に変換するだけで、簡単にHandbookに取り込むことができる。

[TechTargetジャパン]

 インフォテリアは1月5日、iPhone用コンテンツの作成・配信・閲覧をするサービス「Handbook」(ハンドブック)の最新版「Handbook 1.5」の提供を開始した。

 Handbookは、iPhoneやiPod touch用にカタログやマニュアル、クイズ、学習教材などのコンテンツを作成・配信・閲覧するサービス。コンテンツを作成・配信するための開発環境「Handbook Studio」と、コンテンツを閲覧するためのアプリケーション「Handbookアプリ」で構成されている。Handbook Studioを使えば、Objective-CやHTMLなどの言語の知識がなくても、文字や画像を直接入力するといったブログの要領でiPhone用コンテンツを容易に作成できる。

 最新版のHandbook 1.5では、2つの機能が追加された。1つは、PCや携帯電話向けに作られたコンテンツや、企業のデータベース内のコンテンツなど、Handbook用に作られていないコンテンツをXML形式でHandbook Studioに一括インポートする機能だ。既存コンテンツをXML形式に変換するだけで、簡単にHandbookに取り込むことができる。これまでHandbook用のコンテンツを作成する際には、Handbook Studioに直接、文字や画像を入力する必要があった。

 また、Handbook用のコンテンツをXML形式でエクスポートする機能も提供する。インポート、エクスポートに対応したXML形式を「Handbook XML」として一般公開することで、コンテンツの再利用を可能にする。

 2つ目は、Handbookの閲覧をiPhone、iPod touchに加えPCからも可能にする、PC用ビュワーの提供だ。ユーザーは、例えばオフィスではPC、移動中はiPhoneを使用するなど、環境に応じて閲覧する機器を使い分けることが可能になる。

 これらの機能はHandbook Studioの標準機能として提供される。利用料金は500Mバイトごとに月額2万1000円(税込み)。なお、今回のバージョンアップはHandbook Studio のみで、利用料金に変更はない。

関連ホワイトペーパー

iPhone | XML | ブログ | 携帯電話


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...