2010年01月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通グループ、非接触手のひら認証装置に1万円台の低価格品などを追加

富士通は非接触型手のひら静脈認証装置にPCログイン機能に特化した低価格品と認証時のIDカード・パスワードを不要にする拡張機能オプションを追加した。ハイエンドからローエンドのセキュリティ対策に対応する。

[TechTargetジャパン]

 富士通フロンテックと富士通は1月5日、両社が法人向けに販売を行う非接触型の手のひら静脈認証装置「PalmSecure(パームセキュア)」に、1万円台のPCログイン専用センサー装置「PalmSecure-LT」、および1:1000の認証速度でIDカード・パスワードを不要にする拡張機能を追加したと発表した。

 PalmSecure-LTは、現行品と同等のセキュリティ性を維持しながら、既存ユーザーの中で最も利用度頻度が高いというPCのログイン向けに開発された新製品。別途用意されているスタンドアロン/サーバ型対応のPCログインソフトウェア「SMARTACCESS/Premium」「PalmSecure LOGONDIRECTOR」や認証データを一元管理するアプライアンスサーバ「Secure Login Box」と組み合わせることで、PCのセキュリティ機能を低価格かつ容易に導入でき、なりすましによる業務システムの不正侵入や情報漏えい対策を行う環境を迅速に構築できるという。

 拡張機能として、1:1000認証(登録データを1000回照合すること)の高速化を実現することで、従来認証時に併用していたIDカード・パスワードが不要な「手ぶら認証」ができるようになった。また、この1:1000認証をベースとして、グルーピング、マルチサーバなどと組み合わせると、大規模な手ぶら認証システムの構築も可能だとしている。

 さらに、登録件数の増加に伴って増加する他人受入率(他人を本人であると誤認する率)についても、新規に認証アルゴリズムを開発し、1:1000認証時における高いセキュリティ性を確保した。こうした認証精度の改善および認証速度の向上により、利用者が照合時に感じるストレスを軽減するという。

 そのほか両社では、サーバ集中型処理の高精度/高速認証を実現するとして、マルチスレッドをサポートする認証ライブラリ「Enterprise Edition」や、アプリケーション開発時に役立つ各種支援機能をオプションとして用意している。

画像 現行製品(画像=左)と「PalmSecure-LT」(画像=右下)、および機能拡張(画像=右上)との関連図

 PalmSecure-LTは同日より販売開始、1月15日より順次出荷が開始される。価格はスタンダードタイプが1万7500円、マウスタイプが1万9500円から。機能拡張されたPalmSecureも既に販売中でEnterprise Edition V30を含む基本セットの価格が28万5000円、Enterprise Edition V30単体が1CPUライセンスで10万円。富士通グループでは、今後3年間で100億円の売り上げを目指す。

関連ホワイトペーパー

認証 | 富士通 | パスワード | アルゴリズム | 情報漏洩


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...