2010年01月14日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通とサン、「SPARC Enterprise M3000」の性能を23%向上した新モデル

富士通と米サン・マイクロシステムズはミッションクリティカルシステム向けサーバ「SPARC Enterprise M3000」に動作周波数2.75GHzの新プロセッサを搭載。従来比23%の性能向上、13%の省電力化を実現した。

[TechTargetジャパン]

 富士通と米サン・マイクロシステムズは1月12日、ミッションクリティカルシステム向けサーバSPARC Enterprise M3000」に「SPARC64 VII」プロセッサを搭載した新モデルを発表、同日より販売開始した。

 新搭載されたSPARC64 VIIは、「SPARC Enterprise M4000」以上のミッドレンジ/ハイエンドモデルにも搭載されているプロセッサで、動作周波数は2.75GHz。SPARC64 VIIを搭載した新モデルでは、従来比23%の性能向上と13%の省電力化を実現した。

 SPARC Enterprise M3000(新モデル)の仕様は最大コア数が4、最大スレッド数が8、メモリ64Gバイト、内蔵ディスク容量が1.2Tバイト。高さは2U(ユニット)とし、静音性能に優れているという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...