2010年01月20日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS丸紅情報システムズ、VMwareベースの仮想化インフラ構築パッケージを販売開始

丸紅情報システムズは、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」の販売を開始する。

[TechTargetジャパン]

 丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は1月18日、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」(MVP:MSYS Virtualization Package)の販売を開始する。

 エムヴイピーは、仮想化ソフトウェア、サーバストレージを基本パッケージとして提供し、効率的な仮想化環境を構築目指す仮想化インフラパッケージだ。

 仮想化ソフトウェアはヴイエムウェアの「VMware ESX」、VMware管理ソフトウェアは「VMware vCenter」、サーバは日本ヒューレット・パッカードのラックマウント型サーバシステム「DL360G6」、ストレージはネットアップのストレージシステム「FAS2020A」で構成する。組み合わせの動作については、事前にMSYSで検証済みだ。

画像 エムヴイピー 基本パッケージ システムイメージ

 MSYSによると、エムヴイピーを活用することで、仮想化環境の情報システム構築に最適なハードウェアおよびソフトウェアの選定や事前の動作検証が不要になるため、短期間で構築が可能になるという。

 またエムヴイピーでは、運用において需要の高いデータのバックアップシステム、監視システム、MSYSの自社データセンターを活用した各種クラウドサービスもメニュー化し、オプションとして提供する。

 エムヴイピーの価格は、700万円(税別)から。MSYSは、販売開始から1年間で5億円の売り上げを見込む。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | サーバ | ストレージ | VMware | データセンター


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...