2010年01月22日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSソニックウォール、無線LAN対応モデル含む小規模企業向けUTMを発表

ソニックウォールは、小規模オフィスに最適なUTMアプライアンスの新製品「TotalSecure TZ 100シリーズ」を発表した。スループットは2.5倍になり、無線LAN対応機種も用意した。

[TechTargetジャパン]

 ソニックウォールは1月20日、小規模企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「SonicWALL TotalSecure TZ 100シリーズ」(以下、TotalSecure TZ 100)を発表した。

 現行機種「TotalSecure TZ 180(10ノード)」と比較してサポート可能なノード数が無制限になったほか、標準搭載OSがSonicOS StandardからSonicOS Enhancedへアップグレード。スループットは2.5倍に向上した。

 同社のTotalSecure TZシリーズは、ファイアウォールVPN(IPsec/SSL)、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェアIPS(侵入検知/防御)、コンテンツフィルタリングなど、複数のセキュリティ機能を1台で提供する統合型のセキュリティアプライアンス。初年度分のメーカーサポートとゲートウェイアンチウイルスなどを事前に同梱するため、IT担当者のいない企業でも、手軽にUTMを導入/使用できる点を特長としている。

 販売は正規販売代理店を通じて同日より開始され、出荷時期は第2四半期を予定する。希望小売価格は11万4000円(初年度の保守費用込み、税別)。

 なお、TotalSecure TZ 100シリーズには無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)対応機種も用意されており、2010年春以降に販売が開始される予定。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...