2010年01月28日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、インテル最新CPU搭載のIAサーバ「Express5800シリーズ」新製品

NECは、Xeon 34xxを搭載したIAサーバの新製品2種を発表した。最新の省電力技術採用で運用コストを最大52%削減したほか、SSDや2.5型HDDを最大8台まで搭載できる高拡張性を確保した。

[TechTargetジャパン]

 NECは1月26日、IA(インテル・アーキテクチャ)サーバ「Express5800シリーズ」に最新CPU「Xeon 34xx」を搭載した新製品を発表した。データセンター向け1Wayラックサーバ「Express5800/R110b-1」とオフィスや店舗などの現場向け1Wayタワーサーバ「Express5800/T110b」の2モデルを用意し、同日より販売を開始している。

画像 Express5800/R110b-1(画像=左)とExpress5800/T110b(画像=右)

 新製品は、80PLUS認証(AC/DC変換効率が80%以上であることを示すもの)を取得した高効率電源を搭載したほか、設置場所の温度やハードウェア構成情報、負荷を総合的に判断して冷却ファンの風量を最適化する独自の動的ファン制御技術を採用。省電力化による運用コスト削減を可能にした。Express5800/R110b-1では従来製品比で52%の省電力化を実現したという。

 また、SSDや2.5型HDDを最大8台まで搭載できる高い拡張性を確保。3.5型HDDの場合では、2TバイトのSATA HDDを最大4台まで搭載可能なため、合計8Tバイトの容量を1台のサーバで実現できる。なお、SATA HDDをSAS HDDに変更するなど、必要に応じたシステム拡張にも柔軟に対応できる。電源と冷却ファンの冗長化(二重化)にも対応した。

 管理面では、遠隔地から複数のサーバに修正モジュールを一括で適用できる機能「ExpressUpdate」を同社の1wayサーバとしては初搭載。サーバ管理者の負担を軽減するとともに、修正モジュールの適用漏れによる障害を防止するという。

 新製品の希望小売価格(税別)、出荷開始日は以下の通り。

 

製品名 希望小売価格 出荷開始日 構成/備考
Express5800/R110b-1(1Wayラックサーバ) 17万9000円から 2月1日 Xeon X3460(2.80GHz)またはX3430(2.40GHz)またはPentium G6950(2.80GHz)、1Gバイトメモリ、ディスクレス
Express5800/T110b(1Wayタワーサーバ) 12万8000円から 1月26日 Xeon X3460(2.80GHz)またはX3430(2.40GHz)またはPentium G6950(2.80GHz)、1Gバイトメモリ、ディスクレス

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...