2010年02月04日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSF5、SSL VPN/WAN高速化を兼ね備えた新機軸のリモートアクセス製品

F5ネットワークスジャパンは、モバイルユーザー向けにSSL VPNとアプリケーション配信最適化の機能を併せ持つBIG-IPブランドのリモートアクセス製品を発表した。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスジャパンは2月3日、リモートアクセスの新製品「BIG-IP Edge Gateway」を発表、販売を開始した。併せて、ユーザー認証WAN高速化の機能モジュールを追加可能なアプリケーションスイッチ用OSの最新版「BIG-IP v10.1」をリリースする。

 BIG-IP Edge Gatewayは、「ネットワークエッジにもアクセス制御が必要」という考えの下で開発されたアプライアンス型のリモートアクセス製品。SSL VPNと対向/非対向でのアプリケーション高速化の機能を提供する。特徴は価格性能比。ハイエンド機種では最大4万ユーザーまで収容可能であり、一般的なSSL VPN製品と比べて約半分のコスト(ユーザー当たり1000円程度)でWAN越しのアプリケーション配信を約8倍高速化できるとしている。

画像 BIG-IP Edge Gateway

 製品に同梱される無償クライアントソフトは、モバイルユーザーのアクセス場所に合わせて自動で接続を切り替える機能を備え、再ログインやセッションを中断することなくアプリケーションを利用できる。Internet ExplorerやFirefoxなど主要なブラウザで稼働する。

 同社はBIG-IP Edge Gatewayの販売ターゲットをBIG-IPと同じ大企業のデータセンターやISPとしており、単機能型の従来製品である「FirePass」(SSL VPN)や「WANJet」(WAN高速化)とは異なる製品と位置付ける。機能拡張可能なネットワークエッジ装置として、今後新しいアクセス機能の追加を予定している。価格は、エントリークラスのモデルで300ユーザーの接続の場合448万円(税別)から。

BIG-IPにアクセス認証とWAN最適化を追加するモジュール

 また、BIG-IPの最新OSであるバージョン10.1では、モジュールの追加によりアクセスコントロールやWAN高速化などの機能が利用できるようになった。新モジュール「Access Policy Manager」は、アプリケーションやOSなどのユーザー認証/アクセス制御を、BIG-IPをプロキシとして一元的に実行する。同社によると、認証基盤をアプリケーションやサーバごとに実装するよりもコストが抑制できるという。既存アプリケーションとのSSO(シングルサインオン)連携やセキュリティポリシーの細かな設定が可能だ。価格は149万円(税別)から。

画像 来日した米F5 Networks プロダクトマネジメント兼マーケティング担当副社長のエリック・ギーサ氏は「プロキシとして稼働すること、柔軟なモジュール構成であることがBIG-IPの特徴」と語る

 もう1つのWAN最適化モジュール「WAN Optimization Module」では、TCP最適化に加えデータデデュープ(重複排除)やデータ圧縮の機能を実装。使用帯域を削減することにより、特にDR(ディザスタリカバリ)向けの大容量データレプリケーションで大幅な時間短縮が期待できる。最大で10Gbpsまでの帯域に対応する。価格は179万円(税別)から。

 このほか、ユーザーのロケーションとアクセス状態に合わせてデータ転送ルートなどを最適化する位置情報サービスを共通ソフトウェア基盤「TMOS」に統合した。

 保守契約を結ぶBIG-IPユーザーは無償で最新版にアップグレードできる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...