2010年02月08日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSCTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版

CTCSPは、レプリケーションソフトウェアの最新版「新世代Double-Take」を発売した。物理/仮想サーバ移行作業、サーバシステムやデータのリアルタイム複製をサポートする。

[TechTargetジャパン]

 シーティーシー・エスピー(CTCSP)は2月1日、データレプリケーションフェイルオーバーソフトウェア「Double-Take」(ダブルテイク)をリニューアルし、3つのツールで構成される「新世代Double-Take」として発売した。

 Double Takeは、高速データ複製機能によるWindows環境の継続的バックアップ、およびフェイルオーバー機能によるサーバの二重化(冗長化)によってビジネス継続を支援するソフトウェアだ。リニューアルした新世代Double-Takeでは、物理/仮想サーバを問わないマイグレーションツール「Double-Take Move」、リアルタイムのレプリケーション&フェイルオーバーツール「Double-Take Availability」、リアルタイムのバックアップツール「Double-Take Backup」の3つで構成される。仮想化環境でのビジネス継続性を考慮し、サーバ二重化やクラスタ化、データの長期および集中バックアップ化に対応する。

 Double-Take Moveは、新旧サーバの入れ替えやサーバ仮想化統合において、複数台の物理/仮想サーバをまとめて移行するツールだ。複数台の既存サーバを運用しながら、新しい物理/仮想サーバへ移行でき、わずかなダウンタイムでマイグレーションが可能である。データのみの移行は数分、システム領域を含んだ移行は15分程度で完了するという。移行先サーバにはライセンス料が不要。移行時だけの「30日間限定使用ライセンス」とし、移行ツールのコストを削減できる。

 Double-Take Availabilityは、運用サーバシステム(OS、アプリケーション、データ)を、物理/仮想環境を問わず、24時間リアルタイムでレプリケーションするツールだ。障害時や災害時には、素早く待機サーバに切り替えシステムを再開する。システムの復旧時間は最短で数分程度という。

 Double-Take Backupは、全国展開している店舗、工場などの拠点で日々発生するデータを、LAN/WANを問わずリアルタイムにレプリケーションするツールだ。バックアップ運用の一元化、古いデータのアーカイブ機能、サーバへの変更ログを保持し、そのログを利用することで好きな拠点から業務を再開できるCDP(継続的データ保護)機能を搭載している。

 新世代Double-Takeは、販売代理店で購入できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...