2010年02月10日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSシマンテックが日本語対応したDLPの新製品、他社製ERMとの連携も可能に

シマンテックはDLP(情報漏えい防止)ソリューションの新製品を発表した。操作画面が日本語対応したほか、マイクロソフトやオラクル製ERMと連携が可能になる。

[上口翔子,TechTargetジャパン]

 シマンテックは2月8日、DLP情報漏えい防止)ソリューションの新製品「Symantec Data Loss Prevention 10」(以下、DLP 10)を発表、同日より販売を開始した。

 DLPは、エンドポイントストレージ、ネットワークという3つの観点で、企業内に存在する機密情報の所在や流出を検出/監視/保護するソリューション。DLP 10では、これまで英語表記のみだった操作画面が日本語/中国語/フランス語対応したほか、コンテンツ検出/保護機能の部分では、ブラジル/ポルトガル/チェコなど新規に7言語をサポート。言語対応はランゲージパックとして提供され、必要な言語が導入できる。

 国内向けとしては、個人情報(姓名、クレジットカード番号など)や法規制(日本版SOX法、個人情報保護法)関連など、日本特有のセキュリティポリシーが追加された。テンプレート化して提供されるため、カスタマイズ利用が可能だという。

 そのほか、独自開発したアプリのファイルなどメジャーでない拡張子をユーザー側で検索対象に追加できるツールや、ポリシーに基づく重要データを暗号化/ERM(Enterprise Risk Management)製品と連携させて保護する新機能が搭載された。ERMは、同社製品のほかマイクロソフトオラクル、PGP、GigaTrust、LIQUID MACHINESの製品に対応する。

08symantec01.jpg画像 メッセージラボなどのホステッドメールサービスを介した重要データの監視/流出防止が可能。XMLなどの出力フォームにも対応する《クリックで拡大》

 なお同社では、情報そのものに価値を置く「インフラの保護から情報の保護」を推進しており、DLPは提供するセキュリティ製品「Symantec Protection Suites」「Symantec Control Compliance Suite」「Altiris Management Suite」とともに情報保護の包括的ソリューションとして提供していくとした。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...